ワールドサッカーダイジェストが厳選!「移籍マーケット 今夏の主役候補TOP20」 エディンソン・カバーニ & トゥーレ・ヤヤ

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2015年05月12日

イブラの陰に隠れる現状に不満を抱く。

起用法を含めた現在の処遇に不満を抱いているというカバーニ。ユーベやマンUがその動向を注視している。 (C) Getty Images

画像を見る

 今夏の移籍マーケットを賑わす主役候補を『ワールドサッカーダイジェスト』が厳選してお届けするシリーズ企画。
 
 ポール・ポグバとイルカイ・ギュンドアンに続いて紹介する注目銘柄は、エディンソン・カバーニとトゥーレ・ヤヤだ。
 
――◆――◆――
 
今夏の主役候補(3)
エディンソン・カバーニ(FW/パリSG)
 
 昨シーズンに続いて本職ではないウイングで起用されているため、モチベーションが低下しているのだろう。今シーズンは持ち前の決定力が鳴りを潜め、周囲を納得させるだけのパフォーマンスを披露できていない。
 
 CFのズラタン・イブラヒモビッチの陰に隠れる現状に不満を抱くストライカーは、今夏の退団を示唆。ユベントスやマンチェスター・ユナイテッドなど複数のメガクラブが、新エース候補としてその動向を注視している。
 
 もっとも、パリSGに安売りする気は毛頭ない。昨夏と同様、この夏もファイナンシャル・フェアプレー抵触によるペナルティで補強費が6000万ユーロ(約84億円)に制限されているため、獲得を狙うケビン・デ・ブルイネ(ヴォルフスブルク)やポール・ポグバ(ユベントス)を手に入れるには、現有戦力をできるだけ高値で売り、補強費に加算できる金額を増やす必要があるからだ。
 
 実際、ナセル・アル・ケライフィ会長は先頃、5000万ユーロ(約70億円)程度では交渉に応じないと明言した。2013年夏にナポリから獲得した際に支払った6450万ユーロ(約90億3000万円)に近い額が、交渉の出発点となりそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ