【ルヴァン杯】札幌がアウェーで3ゴールを奪って横浜を撃破!2戦合計4-2で準々決勝へ進出

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年06月13日

札幌はマンツーマンディフェンスで粘り強く対応

2ゴールに絡んだ菅。札幌をルヴァン杯の準々決勝へ導いた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグのルヴァンカップは6月13日、プレーオフステージ第2戦の3試合を各地で開催。ニッパツ三ツ沢球技場で行なわれた横浜F・マリノスと北海道コンサドーレ札幌の一戦は、3-1でアウェーチームが勝利。第1戦(1-1)とのトータルスコアでも札幌が4-2で上回り、準々決勝へ駒を進めた。

 ホームの横浜は10日に、セルティック(スコットランド)の監督に就任するアンジェ・ポステコグルー前監督の退任を発表。この日はアカデミーグループダイレクターだった松永英機氏が暫定で指揮を執った。さらに、日本代表のオナイウ阿道、U-24日本代表の前田大然を欠いての試合となった。

 序盤にゲームを支配したのはアウェーの札幌。前線からのマンツーマンディフェンスが機能し、相手に思うようなビルドアップを許さず。ショートカウンターからチャンスを創出していく。すると7分に先制点が生まれる。

 ペナルティエリア左で菅大輝がボールを受けると、中央へ鋭いクロス。これがクリアしようとした相手に当たり、ボールはゴールの中へ入っていった。

 先制を許した横浜は素早いパス回しやセットプレーから得点を狙うも、なかなかシュートまで持ち込めない。
 
 両チーム交代なしで迎えた後半は札幌が先手を取る。51分、右からのCKがペナルティエリア外に流れると、こぼれ球に反応した菅が左足を一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さった。

 反撃に出たい横浜は55分、レオ・セアラ、水沼宏太、扇原貴宏を一挙に投入し、スピーディな攻撃で徐々に流れを引き寄せていく。そして61分、左サイドのエウベルのクロスがDFに当たってファーに流れたところを、水沼がヘディングでゴールに叩き込んだ。

 その後はビハインドの横浜が一方的に押し込むも、なかなかゴールは奪えず。逆に87分、サイドを破られて柳貴博にダメ押し点を許してしまった。

 結局、試合はそのまま終了。勝ち進んだ札幌は9月1日(水)に準々決勝第1戦を戦う予定だ。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
「本当に寂しい気持ちでいっぱい」「楽しい思い出しかない」退任会見で溢れ出たポステコグルー監督の“マリノス愛”
「成功を確信している」中村俊輔も指導した元セルティック監督、ポステコグルーに太鼓判!「トップマネージャーだ」
【セルジオ越後】シュートすら打てない相手に最後のサバイバル? 低レベルな試合で当落が決まる選手がかわいそうだ
「特に有能だったのは、11番と…」大敗したジャマイカのコーチが称えた日本の4選手は?「五輪でも善戦すると思う」
【釜本邦茂】大迫不在のセルビア戦。オナイウも良かったが個人的に期待するのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ