「本当に寂しい気持ちでいっぱい」「楽しい思い出しかない」退任会見で溢れ出たポステコグルー監督の“マリノス愛”

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年06月11日

「これからもマリノスの一員として」

ポステコグルー監督が会見で繰り返したのは感謝の気持ちだった。(C)Y.F.M/写真提供:横浜F・マリノス

画像を見る

 J1の横浜F・マリノスは11日、アンジェ・ポステコグルー監督の退任会見を行なった。

 ポステコグルー監督はオーストラリア出身の55歳で、2013年から母国代表を指揮。18年からは横浜を率いて自慢の「アタッキング・フットボール」を浸透させ、19年にクラブを14年ぶりのJ1制覇に導いた。今後はスコットランドのセルティックの指揮を執る予定だ。

 会見の冒頭では、横浜の指揮を執った約3年半の総括として以下のように語った。

「私は日本に来る前、Jリーグやこのクラブのことをよく知っていました。初日からこれまで楽しい思い出しかありません。このチームをどういう風に作り上げていくか、ビジョンを持ってきました。長い年月がかかりましたが、しっかり成功をもたらし、観て楽しいサッカーを作り上げてきました。

 ここで去ってしまうのは、悲しくもあり、本当に寂しい気持ちでいっぱいです。ですが、ここで培ったもの、これからもこのクラブが繫栄していく姿を常に見ていきますし、これからもマリノスの一員としてやっていきたいです」
 
 クラブを離れるにあたって選手たちへは「自分を信じ、このサッカーを信じること。そして仲間を信じ、恐れずやっていくことが大事」だと伝えたという。そして「私が関わった選手がどこにいようが、私はその選手たちを追い続けます」と愛弟子たちへの愛情を述べた。

 なお、詳しい移籍の経緯は「この決断は簡単ではありませんでした。ただ、みなさんにお伝えできるようなことではないと思っています」と明言は避けた。

 そして最後に会見終了時間を過ぎたにもかかわらず、ポステコグルーは自ら日本、そして横浜への愛を口にした。

「私は家族とともに日本に来ました。一番不安だったのは『どういうところか』『どういう人たちなのか』でした。でも本当に温かく迎え入れていただき、幸せな気持ちで過ごせました。もしかしたらまたお会いするかもしれない。みなさまが健康でいてくれることを願っています。本当にありがとうございました」

 “マリノス愛”が溢れ出た退任会見。謙虚でプロフェッショナルで、選手はもちろん、多くのファン・サポーターから愛されたポステコグルー監督の新天地での活躍を期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「勝つサッカーのDNAを持っている」セルティックにポステコグルー新監督が誕生! 問題視された欧州ライセンスの可否は…
「英雄チラベルト思い出した」Honda FCがマリノスにPKで先制!“GK”楠本の一撃に反響続々!
三笘、田中碧に18歳の高卒新人も!スコットランドのメディアが「ネクスト・ナカムラ」候補5選手を紹介
「彼がいれば10年安泰」内田篤人&岩政大樹が絶賛した日本人DFは? 「できないことがない」
【セルジオ越後】もう一回A代表と戦った方がよかった。協会はガーナに文句の一つでも言うべき

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ