【釜本邦茂】大迫不在のセルビア戦。オナイウも良かったが個人的に期待するのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月12日

伊東純也の個の打開力は、数少ない可能性のある攻撃だった

後半から出場したオナイウ。得点こそなかったが、前線で存在感を示した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 キリンチャレンジカップのセルビア戦は、久しぶりにヨーロッパの強豪を相手に腕試しができると期待して見ていたが、予想よりも相手が引いて守ってきて、ちょっとがっかりした面は否めないね。もう少し、攻守の切り替えが激しく、強度の高い試合になると思ったが……。

 相手は5バックにも見えるほど、後ろに人を置いて、自陣のスペースを消しに来ていた。日本は前線の大迫が怪我で不在。前でタメを作る役割を担う人がいなかったから、スピードのある選手がなかなか活きなかった。とくに前半は大迫の代わりに1トップで起用された古橋やトップ下の鎌田は中央で苦戦する場面が多かった。フィジカルで勝る相手に潰される場面が増えて、相手の強固なブロックを崩しきれない。

 日本は相手に引いてブロックを作られると、パス、パス、パスで各駅停車のつなぎしかやらなくなる。4-1で勝ったタジキスタン戦も、前半はそういう展開が続いて膠着した時間帯もあった。ワンパターンな攻撃を続けても打開の糸口は見えてこないよ。

 ただし、そういう中で伊東のアグレッシブな仕掛けは良かったんじゃないかな。やはり自陣に引きこもった相手を崩すにはパスで揺さぶりをかけながら、どこかで個の勝負を仕掛けて突破口を開かなくていけない。伊東の右サイドからの突破はこの試合で数少ない可能性のある攻撃に見えた。
 
 後半はセットプレーから伊東のゴールが生まれて、相手も少し前掛かりになったことでさらに伊東や途中出場の浅野が飛び出していくスペースもできてきた。ただ、流れの中で自分たちからペースを掴まなくては、結局引いたままの相手に1点も取れずに終わっていた可能性もあるよ。親善試合ではなく、9月からのアジア最終予選だったら、勝点2を失っていたところだ。

 ただ、そうしなかで伊東とともに好材料を挙げるとするなら、オナイウのプレーは悪くなかった。身体も強いし、パスワークにもテンポよく入って、うまく攻撃のアクセントになっていた。今回はなぜか鈴木武蔵や鈴木優磨といった大型プレーヤーを招集していなかったけど、大迫に代わる1トップの選手としてオナイウも候補に上がったと言えるんじゃないか。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】やる気があったのはピクシーだけ…そんな相手に持ち味を出せたのは伊東純也だけ
「守備がとても良い。ただ…」元ブラジル代表ドゥンガが日本代表に檄! 必要なのは「ドリブルができるFW」
金田喜稔がセルビア戦を斬る!「切り替えの速さ、強度、予測。妥協なき守備の厳しさを改めて確認できた」
【日本1-0セルビア|採点&寸評】CB谷口が好印象!!大迫不在のなかでオナイウもアピール 
「内容的にも上回っていた」敵将“ピクシー”が日本代表を評価!「改善するとすれば…」と攻撃面に助言

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ