「100億%ドローンじゃない」スモーリング夫妻がUFOを目撃!? ジャマイカでの仰天体験が大反響!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月08日

「1時間くらいとどまっていた」

信じられない体験を明かしたとスモーリングとサム夫人(左)。(C)Getty Images

画像を見る

 一流サッカー選手は、バカンス中のイベントも話題となる。ただ、このようなケースは珍しい。

 ローマに所属するクリス・スモーリングの妻が、SNSでUFOを目撃したと投稿した。ジャマイカでの休暇中に、UFOを見たというのだ。イギリスやイタリアのメディアが報じた。

 英紙『Daily Mail』によると、スモーリングの妻はインスタグラムで「マジックマッシュルームとか何もやってないと誓うわ。でも昨夜、夫ともっともクレイジーなUFOを見たの!飛行機かもしれない空高くの何かを数秒だけ見たとかじゃないわよ」と投稿している。

「それはわたしたちの近くまで降りてきて、それから空高くに戻り、1時間くらいとどまっていた。空にいるときは小さすぎて撮影できなかったわ。でも、夫は周囲で光が周っていたのが見えたそうよ」

 さらに、スモーリングの妻は「近くに飛んできた時ははっきり見えたから、撮影できたかもしれないけど、ふたりともあまりに驚いてカメラを出せなかった」と続けた。
 
「それに、目を離して何か分からなくなるのが嫌だったのよ。大きかった。典型的なUFO目撃みたいじゃなかったのよ。完全に静かだった」

 空飛ぶ物体といえば、ドローンを思いつく人も多いだろうが、スモーリングの妻は「100億%でドローンじゃなかった。大きかったし、とても洗練されていて、縁にはかすかな光があった」と訴える。

「奇妙な形で、ドローンみたいじゃなかった。飛行機とかでもなかった。静かだったのよ。ドローンだってうるさいでしょう」

 UFOとの“出会い”が、スモーリング夫妻の心に何かを残したかは分からない。来シーズンからローマの指揮を執るジョゼ・モウリーニョは、この知らせに何を思っただろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
エムバペがまさかの12位! FIFA関連機関が発表した「市場価値ランキング」で、ハーランドも凌駕したトップ3は?
モウリーニョが英紙でEURO2020を大胆予想! 「GSで敗退する可能性もある」と指摘した代表チームは?
「合意に近づいている」アタランタ、ボローニャ冨安健洋の獲得間近か? 現地メディアが報じる
「3か月半もボールを蹴らないでEURO?」ロイ・キーンが英代表ヘンダーソンの招集を非難! 本人は反論「批判を黙らせることは…」
【識者が選ぶセリエAのワースト11】王者陥落のユベントスから最多の4人! 得点ランク1位のC・ロナウドを選出した理由は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ