【なでしこサッカー新時代】第2回 鮫島彩 (後編)|新チームに加入したベテランの決意「いろんなことへ、自分なりに挑戦してみたい」

カテゴリ:日本代表

西森彰

2021年06月07日

アメリカで「すごくいいな」と思った光景とは

大宮アルディージャVENTUSでプレーする鮫島選手。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2021年、日本の女子サッカーは新たな時代に突入する。

 2020東京オリンピックは約2か月後に迫り、この秋には女子プロサッカーリーグ『WEリーグ』が誕生する。なでしこたちは来るべき時に備えて、コロナ禍という難しい状況のなか、ひたすら前を向き、準備を進めている。

 節目を迎えるこの時だからこそ、これからWEリーガーとなる選手たちの声に耳を傾けてみたい。彼女たちが語る、なでしこサッカーの未来とはいかなるものか。

 第2回には、鮫島彩選手が登場。INAC神戸から、新参入する大宮アルディージャVENTUSに籍を移し、今やチームを率いる立場となったベテランとなった。

 海外の女子リーグも経験した33歳に、秋に開幕するWEリーグへの想いを聞いた。
 
 ――この秋に開幕するWEリーグについてお伺いします。プロリーグ発足の話を聞いて、最初に抱いた感想を教えてください。

 日本の女子サッカーが大きな一歩を踏み出したなと感じました。どうなるのかは、私たち次第。このきっかけを、しっかりと根付いたものにしていかなければと思います。

――プロといえば、鮫島選手は、アメリカのボストンブレイカーズ、フランスのモンペリエでも、プレーされています。同じプロの環境でも、海外と日本では違うものですか? 

 フランスでは、日本と同じようにサッカーをしながら働いている選手がいました。リヨンなどのチームは違いますが、モンペリエは、選手を取り巻く環境も状況も、日本のなでしこリーグにいる時と、そんなに変わらなかった印象です。

 ただ、アメリカでは、びっくりしました。ボストンでは自分の練習着も全てスタッフが洗濯してくれました。ほかにも、日本から来た私からすれば、恐縮してしまうような事ばかりでしたね。もう10年近く前のことですが、「これがプロのスタンダードなんだ」と思い知ったというか。

――日本ではなく、海外でプレーしたことで「良かった」と感じられたことはありますか。

 日本でいう、小・中学生くらいのサッカー少女たちが試合をたくさん見に来てくれていたんです。正確に数えたわけではないですが、パッと見てわかるほど、日本のなでしこリーグより、たくさんの子供たちがスタンドにいました。その当時(2010年代)、日本でスタジアムの最前列を女の子たちが埋め尽くしてくれたという記憶はないので「あ、この光景、いいな」と、強烈に印象に残ってます。
 
【関連記事】
【なでしこサッカー新時代】第2回 鮫島彩 (前編)|「なでしこが勝てるなら何でもやる!という気持ちなんです」
【なでしこサッカー新時代】第1回 菅澤優衣香 |不動のエースが東京オリンピックへ、そしてWEリーグ開幕へ懸ける想い (後編)
【なでしこサッカー新時代】第1回 菅澤優衣香 |不動のエースが東京オリンピックへ、そしてWEリーグ開幕へ懸ける想い (前編)

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ