• トップ
  • ニュース一覧
  • 【なでしこサッカー新時代】第1回 菅澤優衣香 |不動のエースが東京オリンピックへ、そしてWEリーグ開幕へ懸ける想い (後編)

【なでしこサッカー新時代】第1回 菅澤優衣香 |不動のエースが東京オリンピックへ、そしてWEリーグ開幕へ懸ける想い (後編)

カテゴリ:日本代表

西森彰

2021年04月23日

「日本でオリンピック開催は、意味があること」

昨シーズンも中心選手として活躍。最優秀選手にも輝いた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2021年、日本の女子サッカーは新たな時代に突入する。

 2020東京オリンピックは3か月後に迫り、この秋には女子プロサッカーリーグ『WEリーグ』が誕生する。なでしこたちはきたるべき時に備えて、コロナ禍という難しい状況のなか、ひたすら前を向き、準備を進めている。

 節目を迎えるこの時だからこそ、これからWEリーガーとなる選手たちの声に耳を傾けてみたい。彼女たちが語る、なでしこサッカーの未来とはいかなるものか。

 記念すべき第1回は、菅澤優衣香選手が登場。昨シーズンは出場試合数(16試合)を上回る17ゴールを挙げ、5年ぶりの得点王(3回目)に輝き、最優秀選手にも選ばれた。浦和レッドダイヤモンズレディース(現『三菱重工浦和レッズレディース』)を優勝に導いた立役者だ。先日行なわれたなでしこジャパンの親善試合ではパナマを相手にハットトリックを達成するなど、絶好調のエースに今の気持ちを聞いた。

―――昨年は、なでしこリーグのベストイレブン、得点王、さらに、最優秀選手にも輝きました。ご自身のキャリアを100%とすると、今、この時点で、どこまで達しているとお考えですか?

 うーん……。80%ぐらいかなと。サッカー選手として、リーグ戦に関してもそうですが、代表での活躍というのも目標になります。間近なところでは、東京オリンピックで活躍するというのが、とても大事になりますね。

―――もし夏に、東京オリンピックが無事に開催されたら、なでしこジャパンの目標は、やはり優勝? モチベーションは高まっている?

 実は、私はオリンピックという舞台には一度も立ったことがないんです。夢の舞台ですから、憧れの場所に立ってみたいという気持ちは人一倍あります。それと、女子サッカーに興味を持ってもらうには、大舞台で、良い結果を残さないといけないです。

 日本でオリンピックが開催されるというのも、すごく意味があることです。ここでしっかりと自分たちが結果を残して、日本のみなさんに、女子サッカーをしっかりと知ってもらいたいんです。小さな子供たちが「女子サッカー選手になりたい!」という夢を持ってもらえるようなことができたらいいと思います。
【関連記事】
【なでしこサッカー新時代】第1回 菅澤優衣香 |不動のエースが東京オリンピックへ、そしてWEリーグ開幕へ懸ける想い (前編)
「新国立で決められたことも意味がある」パナマ戦3発のなでしこFW菅澤優衣香が語る五輪への想い
「ダイナミックで完成されている」ミラン長谷川唯がホーム初得点でMVPに選出! 現地メディアが賛辞「素晴らしい」
なでしこはカナダ、英国、チリの順に対戦! 東京五輪女子サッカーの組み分けが決定! 

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ