アンチェロッティの電撃就任で久保建英の去就はどうなる? マドリー番記者は「ラウールだったら…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月03日

「まだ若過ぎるクボには別の任務が待っている」

アンチェロッティ(右)の就任は久保の去就にどう影響するのか? (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーは6月1日、退任したジネディーヌ・ジダンの後任監督として、エバートンの指揮官を務めていたカルロ・アンチェロッティと3年契約を結んだことを発表した。

 61歳のイタリア人指揮官は、2014-15シーズン終了後に解任されて以来、6年ぶりのマドリー復帰となる。

 注目されるのが、そのマドリーが保有し、今シーズンはビジャレアルとヘタフェにレンタルされていた久保建英の去就だ。

 スペイン紙『AS』でレアル・マドリー番を務めるセルヒオ・サントス記者は、まだジダンの退任が正式決定する前に『サッカーダイジェストWeb』へ寄稿した原稿の中で、久保を高く評価しているカスティージャ(Bチーム)監督のラウール・ゴンサレスがジダンの後任として内部昇格すれば、「タケにとって最も良いシナリオになる」と綴っていた。

 だが、クラブが選んだのは、有力候補とされていたそのラウールやマウリシオ・ポチェティ―ノ(パリ・サンジェルマン監督)、アントニオ・コンテ(前インテル監督)ではなく、ベテラン指揮官だった。

 この政権交代により、日本代表MFの来シーズンはどうなるのか? もちろんプレシーズンの様子を見て判断するという選択肢もあるが、東京五輪への出場が濃厚なため、アピールする機会はほとんどないと言っても過言ではない。

【動画】一躍英雄に! ヘタフェを残留に導く久保建英のゴラッソ&話題となったゴールセレブレーション
 現地メディア『EL MUNDO』は、「まだ若過ぎるクボと(ドルトムントにレンタル中の)レイニエールは、(マドリーに復帰するのではなく)別の任務が待っている。なぜなら、彼らの前にはヴィニシウス(・ジュニオール)とロドリゴという“マドリーの宝石”がいるからだ」と指摘。再レンタルされる可能性が高いと見ているようだ。

 また、『El Confidencia』は、「友人が多すぎて掃除ができないアンチェロッティ」と題した記事を掲載のなかで、ジダン時代には冷遇されていたガレス・ベイル(トッテナムにレンタル)やイスコを、かつて重用した新指揮官が戦力に組み込む可能性があると伝えた。

 当然、そうなれば久保が復帰する可能性は小さくなる。『El Confidencia』はアーセナルにレンタル中のマルティン・ウーデゴーについて言及する際に久保を引き合いに出し、「クボと同じように、(マドリーの本拠地である)サンティアゴ・ベルナベウから離れて、レンタルを続けることになるだろう」と綴っている。

 ジダンが継投していても、マドリー復帰の可能性は高くなかったとはいえ、イスコら戦力外の選手の大粛清も考えられ、「30%」(前述のS・サントス記者)程度はあった。だが、アンチェロッティの招聘により、その確率はさらに小さくなったと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【A代表戦のスタメン予想】OAが加わった新布陣に注目! 久保、堂安、三笘が2列目で初の“揃い踏み”か
「クボの好みに合う」久保建英に最適な移籍先は? 現地メディアが挙げた2チームは――
「タケの攻撃性能を引き出せる」久保建英にお勧めの移籍先は? スペイン人記者が最も推したのは、“恩師”のいる…【現地発】
「最後にタケの努力が報われた」久保建英の今季をスペイン人記者が採点!「予想外の事態だったのが…」【現地発】
「他のチームとは違う」久保建英がヘタフェの“内情”を衝撃告白!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ