「初日から溶け込んでいた」ラ・リーガ2部降格決定のエイバル、武藤嘉紀の退団を発表!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月27日

今季限りのレンタルで加入していた武藤

ニューカッスルに籍を置く武藤。契約は2022年6月末まで残しているが…。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月27日、ラ・リーガのエイバルは期限付き移籍していた6人の選手の退団を発表した。

 そのうちのひとりが、プレミアリーグのニューカッスルから加入していた武藤嘉紀だ。20年9月に1年の期限付き移籍で加入し、ラ・リーガ26試合に出場。11月に行なわれた第11節のベティス戦で初ゴールを決めたが、その後は得点は生まれず、2アシストを加えただけにとどまった。
 
 28歳の日本人FWは、2022年6月末まで契約を残すニューカッスルに復帰が決定した。加えて、FWブライアン・ヒル(セビージャ)、MFレシオ(レガネス)、DFラファ・ソアレス(ギマラインス)、DFアレハンドロ・ポソ(セビージャ)、DFケビン・ロドリゲス(ソシエダ)の5人の退団も併せて発表された。
​​​​​
 エイバルは今シーズンを最下位で終え、8季ぶりに2部降格が決定。所属する乾貴士は、2022年夏までの契約を結んでいるが、現地メディアでは「移籍の可能性もある選手」とも報じられている。本人はスペインで続けたいという希望を持っているというが、こちらも今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「傷ついていた」マドリーがジダン監督の退任を正式発表! 注目の後任候補は?
「これほど活躍するとは思わなかった」長友佑都のマルセイユ残留はどうなる? 現地紙のアンケート結果は…
「ヨーロッパの優れたリーグで…」豪州でブレイク中の檀崎竜孔が現地メディアに夢を語る!日豪サッカーの違いにも言及
悩める名門バレンシア、久保建英を指導したボルダラスの監督就任を正式発表! 不安要素は…
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.5】「MVPは“1対1のキング”で決まり。鈴木優磨よりも南野拓実を評価した理由は…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ