【J1採点&寸評】大分0-1横浜|T・マルチンスは攻守で圧倒的な存在感。途中出場の天野&前田で決勝点

カテゴリ:Jリーグ

柚野真也

2021年05月27日

大分――最小失点に抑えたが、勝機はほぼなし

【警告】大分=香川(43分) 横浜=樺山(84分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】チアゴ・マルチンス(横浜)

画像を見る

[J1第16節]大分0-1横浜/5月26日/昭和電工ドーム大分

【チーム採点・寸評】
大分 5
圧倒的な実力差を見せつけられた。90分ほぼ主導権を握られながらも最小失点に抑えることはできたが、残念ながら勝機はほぼなかった。

【大分|採点・寸評】
GK
22 ポープ・ウィリアム 5.5
圧倒的に攻め込まれながらも集中力を切らさなかったが、失点のシーンは止めることができなかった。

DF
3 三竿雄斗 5.5 
球際で負けず最後まで身体を張った。次々とゴールに襲いかかる相手を止めるので消耗したため、攻撃に行く余裕はなかった。

DF
4 坂 圭祐 5.5
守備では奮闘したが、ボールを奪っても受け手が見つからず、前線に蹴り出すしか策はなかった。

DF
15 小出悠太 5.5 
警戒していたエウベルを押さえても、ティーラトンの攻撃参加まで阻止することは難しかった。
 
DF
2 香川勇気 5
前半は仲川、後半は前田とスピードのある選手とのマッチアップに手を焼いた。失点のシーンは前田に前を取られた。

DF
49 羽田健人 5 (83分OUT)
ほとんどの時間を自陣で過ごした。ボールを受けても前を向けず、攻撃ではノーインパクト。

MF
11 下田北斗 5.5
押し込まれる時間が長く、パスを受けてもハイプレッシャーを跳ね返すほどのパワーはなかった。

MF
38 高畑奎汰 5.5(79分OUT)
後半早々に自陣から一気に飛び出し、長沢へのピンポイントクロスが唯一の決定機となった。
 
【関連記事】
【J1】川崎がリーグ記録に並ぶ開幕19戦無敗! 浦和はユンカーの4戦連発弾も勝ち切れず…福岡は連勝が「6」でストップ
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】主軸は田中碧?“フロンターレ色”を打ち出すのもアリか
「新種のカバーリング」マリノス前田大然の「鬼の豪脚」に反響!奪った後のビルドアップにも注目
「怖くなくできたかな?」横浜・前田大然の愛娘へ向けた“アンパンマンポーズ”に反響「かわいい笑」「優しい表情だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ