「ウルッときた」「素晴らしい行動」徳島社会人チームが天皇杯敗退後の敵地ロッカーに残した“感謝のメモ”が話題

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月25日

「これこそが日本のサッカーの魅力」

今年で101回目を迎える天皇杯がついに開幕。FC徳島が敗退後に見せた心温まる行動に反響が集まっている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 徳島県の社会人チーム・FC徳島が、天皇杯初戦敗退後のロッカールームに残した感謝のメモに反響が集まっている。

 5月23日に行なわれた天皇杯1回戦で、J3ガイナーレ鳥取のホームに乗り込んだ徳島県代表のFC徳島は、立ち上がりから相手にボールを握られる苦しい展開となり、結果的に4失点。試合終了間際にはFW藤山雄生が一矢報いるゴールを挙げるも1-4で敗戦を喫し、1回戦突破とならなかった。

 試合運営を行なった鳥取県サッカー協会は公式ツイッターで、「天皇杯1回戦の片付け中に発見」と、FC徳島が引き払ったロッカールームのホワイトボードを撮影した1枚の写真を公開。そこには、「ガイナーレ鳥取のみなさま、対戦ありがとうございました。優勝してください!! 鳥取県サッカー協会のみなさま、設営・運営等お世話になりました。FC徳島」と感謝の言葉が書き記されていた。
 
 協会はこのメッセージに、スポーツと仕事を両立する社会人チームへの敬意を込めて公式ツイッターでこう綴っている。

「心温まるリスペクトをいただきました。コロナ禍での社会人サッカーチームの皆さんは、職場や家族の理解をいただきながらの活動と伺っています。遠路はるばるご来場いただいたFC徳島の皆様にもリスペクトです」

 投稿にはサッカーファンからも、「これこそが日本のサッカーの魅力」「ほっこりする」「スポーツマンシップが素敵」「素晴らしい行動」「おじさんでさえもウルッときてしまう…」などといった絶賛の声が多く寄せられ、話題を集めている。

 2018年のロシア・ワールドカップでは、きれいに片づけられた日本代表の試合後のロッカールームも世界中から称賛されたが、改めてスポーツの素晴らしさを感じられる心温まる投稿であった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【天皇杯1回戦】地域リーグの十勝がJ2秋田に大金星!岩手、八戸が揃って13得点の大勝
「一晩中嘔吐していた」浦和の“新プリンス”ユンカー、欧州メディアに入団までの紆余曲折を明かす
【J1ベストイレブン】MVPは逆転弾でチームを6連勝に導いた福岡の“壁”。王者川崎からは五輪世代ふたりを選出|15節
「タケの攻撃性能を引き出せる」久保建英にお勧めの移籍先は? スペイン人記者が最も推したのは、“恩師”のいる…【現地発】
「正直、日本が羨ましいよ」U-24韓国代表監督が選手招集を巡る“文化の違い”に嘆き節!「勝利すべき国でしかなかったが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ