【J1ベストイレブン】MVPは逆転弾でチームを6連勝に導いた福岡の“壁”。王者川崎からは五輪世代ふたりを選出|15節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月25日

鹿島に競り勝った鳥栖からも2選手をセレクト

【15節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは5月22日、23日に第15節の10試合を各地で開催した。ここでは、今節の全試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節の主役は、自陣ではハードな守備を見せ、相手ゴール前でも身体を張ったプレーで逆転弾を押し込んだ福岡のドウグラス・グローリだ。

 湘南戦で先発したグローリは1-1で迎えた71分、左CKからのこぼれ球にいち早く反応すると、倒れ込みながらも左足で押し込み決勝点を奪う。守備でも相手のFWウェリントンを封じるなど、期待通りのプレーを披露した。チームを6連勝に導いた福岡の“壁”を高採点「7」で今節のMVPとした。

 首位を快走する川崎からは全得点に絡んだ、東京五輪世代のU-24代表に選出された2選手をチョイス。田中碧はゴール前で巧みなターンから芸術的な今季初ゴールをゲット、三笘薫は先制点に繋がるPKを獲得し、田中のゴールをアシスト。自らもダメ押しの3点目を決め、J1連続無敗記録を23試合に更新したチームの中心となった。
 
 相馬直樹新体制で無敗を続けていた鹿島に競り勝った鳥栖からも、中野嘉大と仙頭啓矢をセレクト。前者は左サイドを支配し、同点ゴールをお膳立て。後者は攻守で存在感を放ち、逆転ゴールをアシストした。

 そのほか、卓越した個人技で相手を翻弄し開始1分の決勝弾をアシストしたFC東京の内田宅哉、痛快ミドルシュートでゲームを振り出しに戻した横浜の松原健、途中投入ながら決勝弾を決め、相手の反撃も抑え込んだ仙台の加藤千尋、これまでの鬱憤を晴らす1ゴール・1アシストでチームを勝利に導いた広島のジュニオール・サントスらを初選出。

 また、浦和の槙野智章は値千金のシュートブロックのほか気持ちの面でもチームを鼓舞し、札幌の菅野孝憲は前半のピンチを凌ぐと、危なげない守備でチームの今季初の無失点勝利に貢献した。

【動画】2021年J1リーグ第15節、編集部厳選ベストイレブン!
 
【関連記事】
「『止めて蹴る』が凄いとされてるけど…」横浜FC・高橋秀人が王者川崎の“強さ”を分析「悔しいのは言うまでもない」
「代表を諦めるな」浦和・槙野智章が神戸・菊池流帆へ贈った激アツエールにファン喝采!「人間性に感動しました」
名古屋の丸山祐市、右膝負傷で治療期間は約6~8か月。「待ってますキャプテン!」など励ましの声
【名古屋|歴代レジェンド格付け】トップ3は異論なし!“ミスターグランパス”と呼びたいのは…
【セルジオ越後】オーバーエイジはDF2人にボランチ1人。森保監督は相手が上だと認めているよ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ