JFL昇格請負人・田中優毅が語る“地域CL”の過酷さ… 南葛SCに伝えたい技術に紐づく「走力」と「チーム力」

カテゴリ:特集

伊藤 亮

2021年05月24日

JFLに二度昇格した経験「タフさや忍耐力は不可欠」

田中は全国地域サッカーチャンピオンズリーグを勝ち抜き、JFL昇格を二度掴んだ経験がある。チームにとっても大きな経験値だろう。写真:滝川敏之

画像を見る

 5日連続で5連戦。およそサッカーの日程とは言い難い、想像を絶する大会を勝ち抜いた経験の持ち主、田中優毅。極限の状況に何度も身を置いてきたことで、最後まで勝ち残るチームの条件が見えてきたという。

 インタビュー企画後編では、言葉では尽くしがたい壮絶な大会での経験を振り返ってもらい、南葛SCが求める「圧倒的に勝つ」ために「走力」を挙げた理由を裏付けてもらった。

 南葛SCが追求する「ボールを大事につなぐサッカー」に必要な技術。その技術を支える走力。そして走力の源となるのがチーム力。様々な要素が紐づいていく。

――◆――◆――

 南葛SCは今年関東社会人サッカーリーグ2部に昇格したが、すでに関東社会人サッカーリーグ1部、JFLと上を見据えている。その際、最大の難関になると言えるのが、JFL昇格をかけて争われる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)、そして全国地域サッカーリーグ決勝大会(全社)だろう。

 全チャは全国9地域の代表12チームでJFL昇格を争う。各地域リーグで優勝すれば出場権が得られるが、そこから漏れたチームに最後の望みとして出場権を与えるのが全社だ。

 この2大会はともに集中開催の連戦。現在、全チャは1次ラウンドが3日連続3連戦。決勝ラウンドが中1日で3連戦。全社においてはトーナメントで決勝まで勝ち進めば5日連続5連戦。その過酷さは他に類を見ない。この厳しすぎる大会に、田中優毅は過去3度出場し、うち2度を勝ち抜いてJFLに昇格した経験を持つ。

「全社の5連戦など、未知の世界といいますか。とても厳しい大会です。疲労はもちろんあります。足がつるなんて状態は通り越してました(笑)。ですが、勝っていくと不思議と身体も楽になってきて。ランナーズハイじゃないですが、どんなに疲れていても試合が始まったら自分でもびっくりするくらい動けていました」

 初めての挑戦は2015年。松江シティFCで中国リーグを優勝。地域CLと改称される前の全国地域サッカーリーグ決勝大会(地決)に進出した。

「元Jリーガーも多くいて、手応えはこれまで所属したチームの中で最もありました。JFLに昇格するチームはこういうチームなんだろう、と。でもそんな簡単ではなかったです」

 結果は1次ラウンド3位で敗退してしまう。
 
【関連記事】
南葛SCは関東リーグの強者となれるか? 二度のJFL昇格経験を持つ元U-20日本代表DFが指摘する「圧倒的」になるためのピース
南葛SC、関東2部を舞台とする2021年の方向性とは? 新キャプテンが推進する「ポジティブ」と「進化」
紆余曲折のサッカー人生を歩んできた南葛SC新キャプテン。チームを導くポジティブ思考と人間性を育んだ経験値
南葛SCが‟風間イズム“を継承へ! 三笘薫、仲川輝人も指導した新監督のサッカー観とは?
南葛SCの新指揮官が描く発展と進化——「面白くて強いサッカー」その実現への道筋とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ