「このチームは壊れている」痛恨ドローのバルサに辛辣批判!「存在していたのか?」と糾弾されたのは――

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月12日

「タイトル争いをしているチームが…」

3ゴールを奪いながら勝ちきれなかったバルサ。2ポイントを失った。(C)Getty Images

画像を見る

 2―0で前半を終え、そのリードを追いつかれた直後に勝ち越したにもかかわらず、勝点1しか持ち帰れなかったのだから、批判は当然だろう。

 現地時間5月11日に開催されたラ・リーガ第36節で、首位のアトレティコ・マドリーを2ポイント差で追う3位のバルセロナが、レバンテと敵地で対戦。二度のリードを守りきれず、3-3で引き分けた。

 勝てば暫定ながら首位に立てるバルサは、26分にエースのリオネル・メッシのボレー弾で先制すれば、34分にペドリが加点。2点のリードで前半を終える。

 しかし、57分と60分に立て続けに失点すると、64分にウスマンヌ・デンベレのゴールで再度勝ち越したにもかかわらず、83分にセルヒオ・レオンのシュートで被弾。痛恨のドローに終わった。

 優勝を争うアトレティコとレアル・マドリーの今節の結果にもよるが、リーグ制覇が遠のいバルサには辛辣な批判が寄せられている。

【動画】3-3の壮絶な撃ち合い!バルサがまさかのドローに終わったレバンテ戦のハイライトはこちら
 スペイン紙『AS』によれば、スペインのラジオ局『Cadena SER』の番組「Carrusel Deportivo」でコメンテーターを務めるマルコス・ロペス氏は、次のようにコメントしたという。

「響き渡る崩壊の音とリーグ制覇への別れ。レバンテの仕事は称賛に値するが、タイトル争いをしているチームはこんな風にはなりえない。最大の責任は監督と選手にある。メッシは後半、存在していなかった。(アントワーヌ・)グリエーズマンは、いたのかすらわからない。このチームは壊れている。問題は今シーズンではなく、どのように再構築されるかだ」

 マドリードの2チームとの今季の対戦成績で劣っているため、2年ぶりのリーガ制覇にはその両方に勝点で上回らなければならないバルサ。あまりに痛い引き分けとなってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「なぜ久保建英に出番を与えないのか」ヘタフェ指揮官は直球質問に何と答えた?「並外れた選手だが…」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出
「日本は彼の心を捉えた」イニエスタの契約延長をスペイン・メディアも相次いで報じる!「引退後も神戸との関係を願っている」
「可愛く清純な美貌」柴崎岳の妻・真野恵里菜さんに韓国メディア注目!「スペインで内助に力を入れている」
「お前の家族もくたばれ!」韓国ファンの心ない中傷にラメラが怒りの反論! もはや対立はドロ沼化の様相で…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ