「日本は彼の心を捉えた」イニエスタの契約延長をスペイン・メディアも相次いで報じる!「引退後も神戸との関係を願っている」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月11日

2023年までの契約延長を発表

37歳の誕生日に契約延長を発表したイニエスタ。 (C)Vissel Kobe

画像を見る

 5月11日、Jリーグのヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表&バルセロナのアンドレス・イニエスタは、神戸と新たに2年間の契約を締結したと発表した。

 バルセロナのカンテラで育ち、その後16シーズンにわたって活躍した名手は、ラ・リーガで9度の戴冠ほか、チャンピオンズ・リーグを4度にわたって制覇するなど、黄金時代を築く立役者のひとりとして躍動。スペイン代表としても131試合に出場し、13得点を記録している。

 そんな世界的スターが2018年5月、3年契約で神戸に加入し、当時は大きな話題を集めた。19年にはチームのキャプテンに就任し、天皇杯で初タイトルをもたらすなど、クラブの成長に多大な貢献を残している。
 
 この日、37歳の誕生日を迎えたイニエスタのさらなる契約延長に、スペイン大手紙の『AS』や『MARCA』『SPORT』など、多くのスペイン・メディアが反応している。

 なかでも、現地メディア『El Periodico』は「バルサのレジェンドはあと2年、エキサイティングな挑戦を続けると発表した」と伝えた。
 
「彼が会見で語ったことはこうだ。『私にとって最も重要なことは、彼らが私に示し続けている自信だ。クラブを成長させ続けるためにベストを尽くす姿勢、チャレンジにエキサイティングな気持ちを抱いている』という。

 そして、『ここ、神戸、日本に来た最初の日から、彼らは僕を仲間のように感じさせてくれ、すべての愛とリスペクトを示してくれた』と日本での対応に感謝も述べた。バルセロナで獲得できるタイトルをほぼ手中に収めた彼は、アジアのサッカー界でもタイトルの数を増やせることを喜んでいるのだ」

 さらに、イニエスタが現役続行に加えて、引退後の将来について言及した際、「このプロジェクトとの繋がりがサッカーを超えて長く続くことを願っている」とコメントしたことにも注目。「ヴィッセル神戸との関係や、日本での活動を続けることを示唆している。日本には彼の心を捉えるものがあったのだ」と綴った。

 昨年12月に参加したアジア・チャンピオンズリーグで右太ももを負傷し、約5か月戦列を離れていたイニエスタだが、5月1日のサンフレッチェ広島戦でフィールドに復帰。今後、さらに日本でキャリアを続けるスペインの至宝を、現地のメディアも見守っている。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】獲得タイトル数計37個!世界屈指のMFイニエスタを厳選ショットで振り返る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ