注目の上位決戦、横浜が天野の今季初弾などで2発快勝&4連勝!神戸はイニエスタ投入も9戦ぶり黒星

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2021年05月09日

神戸は9試合ぶりの黒星に

前線からの激しいプレスで気迫を見せたオナイウ。横浜が上位対決で貴重な勝点3を得た。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは5月9日に、第13節の7試合を開催。日産スタジアムでは、横浜F・マリノス対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、2-0で横浜が勝利を収めた。

 10戦無敗で4位の横浜と、8戦無敗で5位の神戸。好調同士の注目の上位対決となった試合は、立ち上がりから横浜がボールを握った。ただ、選手の距離感がいまひとつでなかなかリズムよくボールを繋げない。

 一方神戸は、速攻から好機を創出。15分には、セルジ・サンペールからの浮き球のスルーパスに抜け出した古橋亨梧が、ゴール前でトラップして反転シュート。しかし、これはGK高丘陽平の好セーブに阻まれる。

 そんななか、均衡を破ったのは横浜だった。41分、天野純のロングパスに左サイドで抜け出したティーラトンがダイレクトで鋭いクロスを供給。これがゴール前で相手DFに当たりネットに吸い込まれた。
 
 後半も横浜は、オナイウ阿道らの前線からの激しいプレスでボールを奪い、ビルドアップでは丁寧に繋ぎ、さらに攻撃に勢いを出していく。だがフィニッシュの精度を欠いて追加点には至らない。

 1点のビハインドを返したい神戸は、60分にアンドレス・イニエスタとアユブ・マシカを投入。ここから流れを取り戻し、77分にはイニエスタからのスルーパスに抜け出した古橋がシュートを放つも、枠の外へ外れる。

 すると横浜が80分、カウンターからエウベルがシュートを放つと、このこぼれ球に反応した天野が押し込み、貴重な追加点。天野のリーグ戦今季初ゴールもあり、横浜は4連勝。神戸は9試合ぶりの黒星となった。

 次節は5月15日に、横浜がアウェーで鹿島アントラーズと、神戸はホームでセレッソ大阪と14節を戦う。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ