守備の改良が攻撃にも好影響。そして前体制の上積み。歯車が噛み合い始めた相馬アントラーズの現在地

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2021年05月09日

徐々に鮮明になってきた“相馬カラー”

指揮を執ったここまでの6試合は3勝3分の無敗。相馬監督は着実にチームを上昇気流に乗せている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 鹿島アントラーズは4月14日にザーゴ監督を解任し、相馬直樹コーチを後任に据えた。新体制となってまだ1か月も経っていないが、すでに6試合を消化。リーグ戦で3試合、ルヴァンカップで3試合。トータルの戦績は3勝3分。ひとつも黒星はなく、リーグでは前体制時の15位から10位に浮上し、ルヴァンカップでは1節を残してグループステージ突破を決めた。

 着実にチームを上昇気流に乗せている相馬監督は、就任後まずは守備面の整備に着手。指揮を執った6試合のうち、クリーンシートは3試合。指揮官は「選手たちの理解力、応用力は凄い」と称えるが、自身の綿密な手腕があってこその成果であるのは間違いない。

 守備の強化にフォーカスする一方で、では攻撃面に問題があるかと言えば、そんなことはない。ここまで無得点のゲームは皆無。6試合で計11得点を挙げている。

 相馬監督は「今のサッカーでは、攻撃と守備は分けて考えられない」と語る。攻守一体。守備が改良されれば、攻撃にも好影響が出る。俗に言われる“良い守備から良い攻撃に”がピッチ上で表現されているようだ。

「守備がひとつ整理できたからこそ、攻撃のほうも自由度が上がったというか。自由度という言葉が正しいかは分かりませんが、ただ選手たちが“持っているもの”は本当にあると思うので」

 守備の安定が個々の能力を発揮しやすい環境を整えた。その安定した守備の肝となるのが“コンパクトさ”だ。「守備をコンパクトにやれるようになったぶん、攻撃も多少コンパクトになった」。その結果、マイボールにした時に良い距離感を保てるようになり、まだ完璧ではないにせよ、よりスムーズな攻撃が可能となった。
 
 攻撃力のブラッシュアップに直結する守備力の向上。徐々に鮮明になってきた“相馬カラー”に、これまでの上積みが重なる。

「元々、去年からやっているもの、ザーゴさんが植え付けたものも良い塩梅で出ていることで、点を取れているのかなと思っています」

 噛み合い始めた歯車。じわじわと鹿島が本来の強さを取り戻しつつある。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストweb編集部)

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ