「何かを起こせないわけではない」残り“90ポイント”に向け好発進。相馬アントラーズは奇跡を起こせるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月17日

「まず今日勝つことは非常に重要だった」

町田(28番)が挙げた1点を守り抜き、初陣を勝利で飾った相馬アントラーズ。ここから巻き返しなるか。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ザーゴ前監督からバトンを受けとった鹿島アントラーズの相馬直樹新監督は、初陣となった徳島ヴォルティス戦の試合後の会見で「本当に選手たちに感謝したい」と労った。

 1-0の完封勝利。31分に永戸勝也のCKから町田浩樹がヘッドで叩き込む。この1点を最後まで守り抜いて白星を掴んだ。

「短い時間で準備したことを選手たちが期待以上にやってくれました。最初から最初まで、エネルギー、そして集中力、いろんなものを含めて、素晴らしい戦いをしてくれたなと思っています」

 前体制での成績は、8試合を消化して2勝2分4敗の勝点8で15位。クラブ創設30周年を迎える今季、タイトル奪回は最重要課題だったが、下位に低迷していた。

「まず今日勝つことは非常に重要だった」

 今後の巻き返しに弾みをつけるためにも、クラブとしての再出発を勝利で飾りたかった。もちろん、現実は見つめている。今回の徳島戦に勝っても「我々の順位が飛躍的に上がるわけではなくて、今11ポイントしかありません」。首位を独走する川崎は11試合を消化して10勝1分の勝点31。消化試合数の違いこそあれ、大きな開きがある。

 だが、相馬監督は何ひとつ諦めていない。

「今日も含めて30試合、90ポイントあったので、何かを起こせないわけでは決してないと思っています」
 
 とにかく一戦必勝のスタンスで次の勝利を目指していく。

「ここからのスタートだから、全部勝てるなんて思ってはいけないですし、目の前のゲームを1試合1試合、勝ちに行けるように、そこで出し切って。やらずに終わってしまったということだけがないようにしていきたい」

 国内最多のタイトル獲得数を誇る鹿島は、本来の姿を取り戻すことができるか。相馬アントラーズの捲土重来に期待したい。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第10節PHOTO】徳島0-1鹿島|新指揮官対決は鹿島に軍配!町田のゴールで相馬体制初陣を白星で飾る!
【関連記事】
「コイツすげえな」内田篤人が絶賛した日本人選手は?「代えはいない。特長がないと思われがちだけど…」
【J1】6戦負けなしの神戸が暫定3位を堅持!今季未勝利19・20位対決は2-2ドローで痛み分けの結果に
「筋トレしないと運転できない!」神様ジーコが40年間も乗り続ける“セリカ”との秘話に英感動!「走行距離は驚きの…」
鹿島の相馬直樹新監督とはどんな指揮官? 町田時代から紐解く“狂気のサッカー”の全貌
ピトゥカが明かす「第一希望」鹿島。移籍最大の決め手はジーコ「彼が着たユニホームに袖を通せることが誇り」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ