特別扱いを許さない「バルサの掟」を変えさせた怪物イライシュ・モリバ。まさかの“送信ミス”で契約内容が明るみに出ても…【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2021年04月27日

“平等主義”のスタンスを貫いていたが…

先のクラシコではバー直撃のシュートを放つなど、短い時間でインパクトを残したモリバ。(C) Getty Images

画像を見る

 ペドリ、ロナルド・アラウホ、セルジーニョ・デスト、フランシスコ・トリンカン、アンス・ファティ、リキ・プッチ、オスカル・ミンゲサ、コンラッド・デ・ラ・フエンテ……。続々と若手が台頭しているバルセロナにおいて、最近、目覚しいパフォーマンスを見せているのが今年1月にトップチームデビューを果たしたばかりのMFイライシュ・モリバだ。

「ボンバ(爆弾)だよ。フィジカルもテクニックもね。しっかり地に足をつけて取り組むことができれば、一時代を築くことだって可能なはずだ」。チームのあるベテラン選手がこう称賛するなど、周囲の評価もうなぎ上りだ。

【動画】バルサが特例を認めた“怪物”イライシュ・モリバの厳選プレー集
 
 バルサには長年、カンテラの選手に対してひとりの特別扱いも許さないという不文律があった。契約を延長する際にも、例外を設けることはなかった。それがプレミアリーグやブンデスリーガへの有望株の流出を招く要因になっていたが、あくまでクラブは“平等主義”のスタンスを貫いた。しかしついにその長く維持してきたポリシーを改めなければならない怪物が現れた。それがイライシュ・モリバだ。

 事実、今から2年前チェルシー、マンチェスター・シティ、ユベントス、ボルシア・ドルトムントといったクラブが、金銭面でもスポーツ面でもカデーテ(U-16)の選手としては破格のオファーを提示していた。

 そこでバルサは掟を破り、できるだけ早くトップチームに昇格できるよう可能な限り便宜を図るという“約束手形”とともに3年総額200万ユーロ(約2億5000万円。家族と代理人にコミッションとして別途250万ユーロ=約3億1250万円が支払われた)という待遇で契約を延長。契約解除金は1億ユーロ(約125億円)に設定され、逸材の流出を阻止した。

 もちろんクラブ内には反対の声も上がったが、前例を作ることのリスクを負ってでも契約改善を強く主張したのが、育成部門の責任者のホセ・マリア・バケーロだった。交渉に立ち会った関係者がこう振り返る。

「バケーロはイライシュのポテンシャルを誰よりも評価していた。彼の意見が、最終的な意思決定を行なううえで決定的な要素となった」

 しかし、これで無事決着とはいかなかった。

【動画】60本の連続パスを繋いでメッシが決めた衝撃の“ティキ・タカ弾”はこちら
【関連記事】
メッシにも気を遣わない無邪気な“奇想天外アタッカー”がついに覚醒。ネイマールにはない魅力とは?【現地発】
「怒号が響き渡った」久保建英と対峙したバルサDFにクーマン監督がプッツン→即交代の非情采配!「やり過ぎだ」
「クボの電撃ドリブルが霞んでいる」久保建英とバルサ有望株の1対1に現地注目!「彼の持ち味が…」
“戦力外”でもバルサに残ったプッチとレンタルに出たアレニャの明暗。「チーム選びを間違えると…」【小宮良之の日本サッカー兵法書】
「タケは全ての資質を備えていた。ただ…」久保建英が“苦悩した”ビジャレアル時代を元同僚ペドラサが語る【独占インタビュー/前編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ