【横浜】前田、オナイウ、L・セアラ…CFの座を射止めるのは? 指揮官は「同じ選手が出続けるのは難しいですが…」

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年04月24日

「フォワードはゴールを奪うだけではない」(ポステコグルー監督)

前田(左)、オナイウ(中央)、L・セアラ(右)らのCFのポジション争いに注目だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜FCとのダービーで5ゴールを奪って大勝した横浜F・マリノスは、開幕戦こそ川崎フロンターレに敗れたものの、その後のリーグ戦は6勝3分。順調に勝点を上積みしている。

 強みは攻撃力だろう。ここまでのリーグ戦の得点は川崎の30点に次ぐ20点でリーグ2位。前線の豊富なタレントに加えて両SBが加わるアタックは、スピーディで相手に休む時間を与えない。

 攻撃力という意味では横浜FC戦でさらに嬉しいニュースがあった。新型コロナウイルスの影響で合流が遅れていたFWレオ・セアラが横浜デビュー。なおかつファーストタッチでゴールを決めてみせた。

 自ずとポジション争いが激化していく。CFには、そのL・セアラ、今季のリーグ戦で8ゴールをを挙げている東京五輪世代の前田大然、5ゴールのオナイウ阿道らがいる。
 
 誰がレギュラーを掴むのか――。

 アンジェ・ポステコグルー監督は「過密日程でチーム全体がハードワークすることが大切です。ずっと同じ選手が出続けるのは難しいですが、うちにはプレーレベルが落ちない選手が揃っています。(横浜FC戦でデビューした)レオ(L・セアラ)もマリノスのサッカーにフィットしてくれると思います」と、しばらくはローテーションを示唆した。

 もっとも、ここまでの活躍だけで考えるとスピードが武器の前田が一番手だと予想される。ただし、万能型のオナイウは横浜FC戦で2ゴールと猛アピールし、L・セアラも徐々にコンディションを上げている。

 今後は「自分たちの守備は前線から始まるため、フォワードはゴールを奪うだけではない」という指揮官の要求をこなしつつ、攻撃面でいかに違いを見せられるかがポイントになるだろう。横浜のCFを誰が射止めるかに注目だ。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】ホームでダービーを制した横浜F・マリノスイレブンの笑顔を厳選!

【PHOTO】横浜沸騰!白熱のダービーを盛り上げた横浜F・マリノスサポーター!

【PHOTO】デビュー戦でいきなりゴール!サポーターのハートを掴んだレオ・セアラを特集!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ