【セルジオ越後】五輪のオーバーエイジ、いま3人を選ぶとすれば… FWは大迫か、それとも?

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月09日

大迫は定位置を奪い切れていない状況が続いている

代表戦では建材をアピールした大迫だが、所属するブレーメンでの奮起が期待される。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪に臨むU₋24日本代表が6月と7月に行なわれる親善試合で、オーバーエイジ(OA)枠を使って臨むようだね。先日、森保監督が報道陣の取材にそう応えたようだ。

 国際Aマッチデーとの兼ね合いもあるからOAの選手を合流させるのは、なかなか難しいけど、自国開催のオリンピックでいい成績を残したいのであれば、OAを使うのは当然のこと。できれば、3月のアルゼンチン戦でも使いたかったところだ。ワールドカップ予選の相手にベストメンバーで挑むよりも、OAをテストしても良かったんじゃないかな。

 それはさておき、そのOAの人選だが、現時点で選ぶとすれば、センターバックの吉田、ボランチの遠藤、そして前線の大迫という顔ぶれになるだろう。もちろん代表選手を選ぶ以上、その時点でのコンディションやパフォーマンスの状態も加味しなければいけなから、これがベストとは言い切れない。ただ3人とも先の親善試合ではチームの主軸として及第点以上のプレーを見せていたし、今のA代表ではちょっと代えの利かない選手になっている。五輪代表のチームに入っても、大きな戦力になるだろう。

 とはいえ、今後の4月、5月のリーグ戦で状況が変わるとも限らない。チームでの状況も見ておく必要がある。そういう面では、遠藤と吉田はチームでも不動のレギュラーで、今季もしっかりと試合に出続けている。遠藤はブンデスリーガでもデュエル・マイスターの称号を得るほど球際での強さが評価されているし、吉田もイタリアの中堅クラブで安定感を増しているね。

 その一方で大迫は定位置を奪いきれていない状況が続いている。3月の韓国戦で2得点を演出し、モンゴル戦ではハットトリックを達成して健在をアピールしたけど、決してハイレベルな相手ではなかったからね。先日のDFBポカール(ドイツカップ)でようやくブレーメンでの公式戦初ゴールが生まれたけど、これも1部の相手じゃない。確かに状態は上向いていると思うけど、まだまだ楽観視できないのは本人も分かっているんじゃないかな。

【画像】オーバーエイジ候補となる日本代表の面々

【関連記事】
OA枠は? 三笘の選出は? 五輪代表18人はこうなる! 現状のベストメンバーを考えると…
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
【セルジオ越後】14点取って喜んでる場合じゃない!こんな試合をしていたらアジアは世界に追いつけないよ
【セルジオ越後】こんな“板倉デー”は滅多にないね。ただ、快勝したアルゼンチン戦のMVPは…
7か月後の東京五輪メンバー18人を大予想! 攻撃的MFは久保、堂安、三笘が当確か。残る一枠には…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ