• トップ
  • ニュース一覧
  • 【浦和】時に5トップに――。関根貴大の積極性とミシャ戦術が合致して生まれた理想的な一撃

【浦和】時に5トップに――。関根貴大の積極性とミシャ戦術が合致して生まれた理想的な一撃

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年04月26日

"スピードモンスター"永井を抑えて、得意のドリブルで敵陣をえぐる。ふたつの難題をこなす。

積極的な姿勢から先制点を叩き込んだ関根(中央)。チームを勢いに乗せる一撃だった。 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 対峙する名古屋の"スピードモンスター"永井を抑えつつ、最大の武器であるドリブル突破で敵陣をえぐってゴールを狙う。
 
 下手をすればどっちつかずになってしまう難しいふたつのテーマを、右WBとしてリーグ戦4試合連続先発出場を果たした関根がこなし、しかも貴重な先制点を決めて勝利へ導いた。これで浦和は5勝2分0敗と、開幕から無敗のまま首位の座をキープした。

【J1採点&寸評】1stステージ・7節|全9試合の評価をチェック!

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・7節
 
 立ち上がりから主導権争いが続き、両チームともに決定的なシーンをなかなか作れずにいた。ただ基本的には守備を固めてカウンターを狙う名古屋に対し、浦和は関根と宇賀神の両WBが積極果敢にオーバーラップを繰り出して、ぶ厚い攻撃を展開。時に5バック、そして時に5トップになるというペトロヴィッチ監督の3-4-2-1システムの特長を活かし、じわじわと圧力をかけて名古屋を追い込んでいった。
 
 すると39分、右ストッパー森脇のクサビのパスを、ペナルティエリア内でズラタンがフリックで後方にずらす。「ちょうどウメちゃん(梅崎/右シャドーで先発)とポジションをチェンジしていた時だった」と言う関根が、一度ヘッドでズラタンに折り返す。
 
 そこに立ちはだかった闘莉王にボールを蹴り出されたが、そのクリアは小さく、関根の目の前にボールがこぼれる。今季、原口元気(ヘルタ)から受け継いだ背番号24はすぐさまこぼれ球を拾うと、躊躇うことなく中央へ切れ込み、左足を鋭く振り抜く。光線のような一直線の弾道が楢崎の股間を抜けてゴールネットを揺らし、浦和にとっての最初の決定機が、幸先良く先制点に結び付いた。
 
「たまたま僕のところにボールが転がってきて、たまたまGKの股を抜く(シュートを打つ)ことができた」
 
 そのように関根は今季初ゴールについて、「偶然」、「たまたま」と運に恵まれたと強調していた。ただ、WBがFWの位置まで攻めに出て、攻勢に立った時には5人、6人と一気に畳み掛ける――。この1点は、関根の積極性と浦和の戦術が高い次元で合致して生まれた、理想形だったと言って良いだろう。
 
 まさに攻め倒したと言えるそのゴール。そこに至るまでには、伏線があった。
 
 それは、ACL・水原三星戦を1-2で落としてグループステージ敗退が決定した後日、ショックを払拭するために組まれたミーティングでのことだった。ペトロヴィッチ監督は、選手たちにあるビデオを見せたのだ。
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和×名古屋|浦和が「組織力」の勝利。MOMは永井との対決を制し、得点を決めた関根!
【J1採点&寸評】1stステージ・7節|全9カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価
【浦和】ACL「惨敗」の理由。なぜ、一度もベストメンバーをぶつけなかったのか?
【浦和】ズラタン、武藤の新加入組アタッカーに待望の“当たり”
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】敵を崩す大胆不敵なドリブラー 浦和・関根はだから価値がある

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ