「絶対出してくると思った」思わず主審にパスした吉田豊に反響続々!「吉田には愛され要素しか無い」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月07日

「お笑いの基本は緊張と緩和」

攻守にバイタリティ溢れるプレーが持ち味の吉田。好調名古屋を支えるキーマンだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは4月6日、You Tubeの公式チャンネルで「西村主審にパスを出しちゃう吉田豊」と題して動画を公開。同3日に開催されたJ1リーグ第7節の名古屋グランパス対FC東京の一戦で起きたこのワンプレーは、お笑いコンビ『ペナルティ』のワッキーさんが、Twitterで投稿している「今節のワッキーチョイス」に選ばれたものだ。

 63分、敵陣でルーズボールを回収した名古屋の吉田は、敵に囲まれた状態で後ろを振り向く。そして近くにいた西村雄一主審を味方と思ったか、西村主審に向かって丁寧なゴロパス。ボールをよける西村主審。すぐに間違えに気づいて吉田はボールを追いかけるが、そのままタッチラインを割ってしまった。

 どこかほのぼのとした吉田のこのプレーに、多くのコメントが寄せられた。
 
「絶対出してくると思ったwww」
「敵ながら吉田には毎回笑顔にさせられる」
「吉田には愛され要素しか無い」
「パンツと靴下の色が味方と一緒だから仕方ない」
「お笑いの基本は緊張と緩和」
「その後のリアクションがいい人すぎて草」
「かわいい笑」
「これはワッキーチョイス狙いに行ってる」
「優しいパスと優しいスルー」
「フリーマンだと思ったのかなw」

 吉田が“愛されキャラ”であることがよく分かる一方、「主審のポジショニングが良すぎた」「西村主審はジャッジにおける的確なポジショニングするからね。パスしちゃうのも無理ない」など、日本を代表するレフェリーへの称賛の声も集まった。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】ヤベ! 間違えた! 吉田豊が思わず主審にパス

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ