• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本に圧倒された!」0-3完敗を喫したアルゼンチンの全国紙が若きサムライたちを絶賛!「我々も学びを得た」

「日本に圧倒された!」0-3完敗を喫したアルゼンチンの全国紙が若きサムライたちを絶賛!「我々も学びを得た」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月30日

「金曜日とはまるで違う。すべてが難しかった」

第1戦で決勝点を奪われたガイチ(左)を沈黙させた日本守備陣。プレス強度は終盤まで衰えなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部:JMPA代表撮影)

画像を見る

 よもやの完敗にアルゼンチン・メディアも驚きを隠せない。

 月曜日に北九州スタジアムで開催された親善試合、U-24日本代表vs U-24アルゼンチン代表の一戦は、3日前の第1戦を0-1で落としていたホームチームが見事にリベンジを果たした。

 序盤から連動性の高いフォアチェックでアルゼンチンを押し込んで、あっという間に主導権を掌握。ほぼ相手にチャンスらしいチャンスを与えず、両サイドを効果的に活用してテンポの良い攻撃を構築する。前半終了間際に林大地が鋭い抜け出しから先制点を奪うと、後半も高いインテンシティで対峙してペースを落とさず、CKから久保建英→板倉滉で2ゴールを奪取して、3-0の快勝を収めた。

 アルゼンチンの全国スポーツ紙『Ole』はこのゲームを大々的に速報。「苦しんだアルゼンチンが日本で3ゴールに沈む」と題して、次のようにレポートしている。

「第1戦の復讐に燃えていた日本に、終わってみれば圧倒された。金曜日のゲームとはまるで違う、すべてが難しくなった印象で、若きアルゼンチンの選手たちはキックオフ直後から日本のスピードに翻弄されてしまう。攻めがままならないなかで、徐々に日本のシャープな仕掛けに苦慮していたアルゼンチンは、前半45分に鮮やかなゴールを決められる。日本の最終ラインから素晴らしいパスを供給され、ペレスとコロンボがハヤシにあっさりと裏を取られると、名手レデスマもノーチャンスな一撃を見舞われたのだ。強烈な平手打ちを食らったかのごとくだった」

 後半に入ってグッとボール支配を高めたアルゼンチンだったが、同紙は「それでも東アジアの堅陣をなかなか崩せない。第1戦で決勝点を決めたガイチは孤立の度合いを深め、遠めのシュートを撃つのが精いっぱいだった」と脱帽。そのうえで「ボールを握られながらも好機を重ねたのは日本だった。そしてレアル・マドリーが認めた逸材(久保)と、オランダで活躍するDF(板倉)のコンビにCKから2点を奪取される。まるでリピートしたかのように酷似するパターンだった」と続けた。

【PHOTO】日本がアルゼンチンに3発快勝! 久保、林、板倉らが躍動した北九州決戦の名場面を厳選フォトで!

【関連記事】
【セルジオ越後】こんな“板倉デー”は滅多にないね。ただ、快勝したアルゼンチン戦のMVPは…
「何もできなかった」アルゼンチンを3発撃破のU-24日本代表に南米脱帽!「致命傷を与えた」と絶賛されたコンビは?
「やはり別格だった!」アルゼンチン戦で2Aの久保建英に韓国メディアが熱視線!「75分間で十二分の存在感」
【U-24日本代表 全23選手の通信簿】南米王者アルゼンチンに1勝1敗、五輪本番に向けて評価を上げたのは?
【U-24アルゼンチン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ