「やはり別格だった!」アルゼンチン戦で2Aの久保建英に韓国メディアが熱視線!「75分間で十二分の存在感」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月30日

「クボにとってU-24カテゴリーは狭い」とも

攻守両面で奮闘した久保。後半の2アシストはお見事だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部:JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本サッカー界の至宝が本領を発揮した。

 3月29日に行なわれたU-24代表マッチ、日本vsアルゼンチンの第2戦は、序盤から攻守両面で圧倒したホームチームが3-0の快勝を収めた。舞台となった北九州スタジアムのピッチで躍動したのがほかでもない、19歳のMF久保建英である。

 第1戦に0-1で敗れて苦虫を噛んだエースは、キックオフ直後から激しいフォアチェックを敢行してチームを牽引。ボールを持てば鋭い仕掛けや的確なパス出しで局面を前に進め、アルゼンチンDF陣に的を絞らせなかった。後半には左CKからインスイングの精緻なクロスで板倉滉のヘディングゴールを立て続けに演出。試合後は「(板倉は)これから2点取ることはないと思うので、しっかり喜びを噛みしめてほしいかなと思います」と真顔でジョークを飛ばし、会場を沸かせた。

 そんな久保のハイパフォーマンスに興味津々なのが、お隣り韓国のスポーツメディア『OSEN』だ。「クボにとってU-24のカテゴリーは狭いもの。彼はやはり別格だった」と評し、「75分間で2アシストという結果を残してお役御免となったが、存在感は十二分。試合をしっかり決定づけてからピッチを去ったのだ。アルゼンチンという強国から勝利を挙げる立役者となり、日本に希望の火を灯す大きな成功をもたらした」とレポートしている。

 五輪サッカー競技・男子はようやく出場全16チームが出揃い、抽選会は4月12日にスイスのFIFA本部で実施される予定だ。アジアから日本、韓国、サウジアラビア、オーストラリアの4か国がエントリーしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本がアルゼンチンに3発快勝! 久保、林、板倉らが躍動した北九州決戦の名場面を厳選フォトで!

【U-24アルゼンチン戦|記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ