【アルゼンチン戦の予想スタメン】久保は先発落ちか。初戦欠場のMFが満を持して登場!

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年03月29日

指揮官は「もう少し考えたい」

初戦と同様に4-2-3-1を採用と予想。先発については様々な可能性が考えられる。

画像を見る

 東京五輪でのメダル獲得を目指すU-24日本代表は3月29日、北九州スタジアムでU-24アルゼンチン代表との「SAISON CARD CUP 2021」の2戦目に挑む。初戦は南米の強豪を相手に善戦しながらも、警戒していた敵の主砲アドルフォ・ガイチの一発に泣いて0-1で敗北。もし五輪本番と想定すれば、連敗すればグループステージ敗退がほぼ決まってしまうため、親善試合とはいえ負けられない一戦だ。

 初戦で採用した4-2-3―1を継続するのか、このチームが当初から使ってきた3-4-2-1に戻すのか。本大会を想定して中2日でも初戦のメンバーを踏襲するのか、がらりと入れ替えるのか。横内昭展監督(A代表の活動がある森保一監督に代わって横内コーチが指揮)は前日会見で、「コンディションが選手によってバラつきがある。システムも含めてもう少し考えたい」と話し、明言を避けた。

 前日練習では22人(田中駿汰は故障のため途中離脱)が揃ってトレーニングに参加したが、公開されたのは冒頭の15分のみで、スタメンの予想もなかなか難しいのが実情だ。

 ただ前述したように、結果にもこだわりたいところであり、主力は残しながら、試したい選手を入れ替えるという形になるか。フォーメーションについては、横内監督は初戦の前に「今回呼んだ選手たちが力を発揮しやすいシステムを使いたい」と語っており、4-2-3―1を継続するとみる。

【動画】金メダル候補に善戦!アルゼンチンとの初戦のハイライト
 GKは初戦と同様に大迫敬介か。シュートをセーブする機会はあまり訪れなかったが、キックの判断や質でやや課題が残り、修正したいところだ。もし入れ替えるのであれば、谷晃生よりも沖悠哉が起用される可能性が高い。

 3日前のゲームでは失点シーンでの対応に不満が残ったCBコンビは、板倉滉の相棒を渡辺剛から瀬古歩夢に変更か。板倉と瀬古がこのチームで一緒にピッチに立ったのはまだ一度しかなく、コンビネーションもチェックしたいところだ。今回選ばれたCBの中では唯一レフティの町田浩樹が起用されれば、ビルドアップやフィードでの変化に注目したい。

 右SBは90分間フル出場の菅原由勢に代わって、対人戦に強い原輝綺を起用か。アジリティに優れるだけに、アグスティン・ウルシらスピーディーなアルゼンチンのサイドアタッカーとの1対1は見応えがある。

 代表では初めて旗手怜央を試した左SBは、初戦で66分から途中出場した古賀太陽の先発を予想。旗手は攻撃面での魅力と守備での脆弱性という功罪があったが、古賀は攻守両面でアピールできるか。先発はなさそうだが、17歳でサプライズ招集された中野伸哉の五輪代表デビューにも期待したいところだ。

【動画】久保建英、三笘薫が笑顔でボール回し!U-24日本代表がアルゼンチン戦へ向けて北九州で前日練習!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ