• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ボールは持てたというより持たされていた」。CB板倉滉が語ったアルゼンチン戦の課題【U-24代表】

「ボールは持てたというより持たされていた」。CB板倉滉が語ったアルゼンチン戦の課題【U-24代表】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月26日

「結果がすべてかなという印象です」

左CBとして先発した板倉。前線へのパスを狙った。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[国際親善試合]日本 0-1 アルゼンチン/3月26日/東京スタジアム

 開催が予定される東京オリンピックに向けた強化試合として、U-24アルゼンチン代表と対戦したU-24日本代表は、前半に失った1点を奪い返せずに0-1で敗れた。

 試合後「絶対勝ちたかったですし、オリンピックで金メダルを狙っているなかで、結果がすべてかなという印象です」と振り返ったのは、4バックの左CBとして先発した板倉滉だ。

 
 21分、板倉が対応に回ったが、左サイドを突破されると、そのクロスを決められて日本は失点。その後、後方からポゼッションして、相手守備網の穴を探したが、ゴールを奪うことはできなかった。ボール回しに関しては板倉も特に前半に課題を感じたという。


「ボールは前半から持てたというよりは、持たされていたというか、もう少し、2列目に良い選手も多いので、そこに上手くパスをつけたかったです。右から左、左から右など、前にボールを運べなかったなと。そこは試合中に声をかけながら修正して入れていきたかったです」

 後半は「後ろに重くなりすぎないようにとはハーフタイムで話していました。ラインを上げてコンパクトにして潰しに行こうと。高い位置でボールを回せるようになったとは思います」と、より相手陣内での時間を増やしたが、同点に追いつくことはできなかった。

 相手はオリンピックで優勝候補に目される強豪だ。結果にはつながらなかったが、良い強化試合になったはず。

 だからこそ板倉も「やれたところはあると思うし、自分たちがもう少しチャンスを作れたんじゃないかなという部分もあるので、そういった意味で次の試合では絶対に勝てると思っています。拮抗した試合のなかで1対1のところで、アルゼンチンにこぼれたところは多かったので、そういうところは気を引き締めて、球際で強く、基本的なところで負けないようにやらなくちゃいけないとは思います。戦うところを戦う。そこをもっと意識したいです」と、3日後の北九州でのアルゼンチンとの再戦に意気込んだ(3月29日に舞台を北九州に移して再び強化試合を行なう)。

 東京でのファーストマッチの内容をチームとしてどう活かすのか、注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…
「拮抗した力があるのは分かった」アルゼンチン戦。久保建英が挙げた「ハッキリしている」課題は?【U-24代表】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ