• トップ
  • ニュース一覧
  • 「拮抗した力があるのは分かった」アルゼンチン戦。久保建英が挙げた「ハッキリしている」課題は?【U-24代表】

「拮抗した力があるのは分かった」アルゼンチン戦。久保建英が挙げた「ハッキリしている」課題は?【U-24代表】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月26日

「同じくらいのチャンスがあったなかで決め切れなかった」

U―24代表の久保建英が、アルゼンチン戦を振り返った。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[国際親善試合]日本 0-1 アルゼンチン/3月25日/東京スタジアム

「拮抗した力があるのは分かった。相手にも、こっちにも良い時間帯があった」

 U―24代表の久保建英がアルゼンチン戦をそう振り返った。確かに公式のスタッツによると、シュート数はアルゼンチンの4本に対し、日本が10本。間違いなく、日本が攻勢に出た時間帯はあった。

「前半も自分たちが良い流れの時にポッと失点してしまって、そこから相手も戦い方を変えてきた。時間稼ぎだったりとか、自分たちのサッカーはせずに、自分たちに合わせてきた。それで前半はグダグダしながら、ボールは持つけど進めない時間が続いてしまった。

 後半は、足もとだけだど怖くないので、田川選手にロングボールを積極的に放り込んでいって、そういったところで中盤を剥がして途中から自分たちの時間帯もあったと思いますが、同じくらいのチャンスがあったなかで決め切れなかった」

 ゲームの流れを的確に話す久保だが、「どのカテゴリーでも世界でも一緒ですけど、決めたチームと決めていないチームで天と地の差が開く」ときっぱり言う。そして自らも右足のボレーシュートを決め切れなかったシーンがあり、「右足か左足かは関係なく、ポッと決めれる選手が生き残っていく」と述べる。
 
 アルゼンチン戦で見えた課題はハッキリしていた。

「やっぱりスポーツなので、決めないと勝てないし、決められたら負け。課題はハッキリしていると思います」

 次戦は29日に福岡でアルゼンチンと再戦する。「今日は内容自体は悪くなかったと思いますけど、こういう結果なので、次は自分たちの勝ちという結果で借りを返しつつ、内容も今日みたいなゲームをして、最後のところで決め切る」と語り、また久保は自らも「自分も点を取るのを貪欲に狙っていきたい」と前を向く。

 次戦は決定力という課題を克服できるか。久保のパフォーマンスに期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
「前の自分たちが決められなかった」久保建英がアルゼンチン戦完敗に嘆き
三笘は敵の罠にハマった印象。日本になくてアルゼンチンにあったものは…【編集長コラム】
「久保決めて!」「悔しいけど完敗」U-24日本が強豪アルゼンチンと激闘! ファンは第2戦の勝利に期待
「えっぐいなぁ」「海外にばれる!」三笘薫が開始27分、アルゼンチン相手に見せたドリブル突破にファン熱狂! 解説の中村憲剛氏も…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ