「ほぼ勝てなかった」攻守に奮闘した菅原がアルゼンチンに見せつけられた差とは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月26日

「この経験は五輪にはつながると確信しています」(菅原)

精力的にアップダウンを繰り返した菅原。アルゼンチンの球際の強さに苦戦したようだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 国際親善試合のU-24日本代表対U-24アルゼンチン代表の一戦が3月26日、東京スタジアムで行なわれ、日本は0-1で敗れた。

 右サイドバックでフル出場し、攻守に奮闘した菅原由勢は「まずは南米の強豪国とバチバチやれたのが僕らの大きな財産。この経験は五輪にはつながると確信しています」と収穫を述べ、課題も口にした。

「アルゼンチンの得点はふたりで完結したシーンで、点と点で合わせて決められた。僕たちの攻撃は2、3人いるなかで得点に結びつかない。決め切っているところは学ばなければいけない。ゴール前のパス、クロス、シュートの質は突き詰めたいと思いました」

 やはり南米予選を1位で突破したアルゼンチンのクオリティは高く、差を感じたようだ。加えて「ほぼ勝てなかった」というシーンにも言及した。
 
「セカンドボールの球際(の強さ)などは、ほぼ勝てなかった。そこができれば南米の強い相手にも主導権を握れる」

 ではその課題をどう解消していくか。

 菅原は「トレーニングから変えていくのは、中2日しかないので限界がありますけど」と前置きしたうえで「映像を見たりすればセカンドボールなどは意識するようになると思います。そこをチームとして共有したい」と課題克服のポイントを語った。

「中2日なのでコンディションを極力100パーセントに持って行くのが大事」と話す菅原。アルゼンチンとの再戦に向けてセカンドボールの球際や質などの強度不足をどこまで改善できるかは注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
「たくさん課題の出た試合でした」アルゼンチン戦で先発も…三笘薫は結果を残せず無念の途中交代
「前の自分たちが決められなかった」久保建英がアルゼンチン戦完敗に嘆き
三笘は敵の罠にハマった印象。日本になくてアルゼンチンにあったものは…【編集長コラム】
「久保決めて!」「悔しいけど完敗」U-24日本が強豪アルゼンチンと激闘! ファンは第2戦の勝利に期待

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ