• トップ
  • ニュース一覧
  • 期待の攻撃陣は不発…久保建英、三笘薫らと組んだ三好康児が語った反省点は?【U-24代表】

期待の攻撃陣は不発…久保建英、三笘薫らと組んだ三好康児が語った反省点は?【U-24代表】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月26日

「上手く横幅を使うことができれば…」

10番を背負い右サイドハーフとしてプレーした三好。チャンスに絡んだが、ゴールを生み出すことはできなかった。●写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[国際親善試合]U-24日本代表0-1U-24アルゼンチン代表/3月26日(金)/東京スタジアム


 国際親善試合でU-24アルゼンチン代表と対戦したU-24日本代表は0-1で敗戦。久保建英、三笘薫、三好康児ら期待の攻撃陣は、ゴールを奪うことはできなかった。

 4-2-3-1の布陣で臨んだU-24代表は、1トップに田川亨介、そして2列目には左から三笘、久保、三好という期待値の高い3人を配置。ただ、新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか予定通りの強化を行なえてこなかった背景もあり、コンビネーション面では課題も感じたようだ。三好は語る。

「左には(三笘)薫が入っていて、その特長は強みで、そこを狙う部分は意識として良いと思いますが、もっと広く取らせることで、薫がよりフリーな状態で、1対1だったら確実に勝てますし、そういった部分を上手く使うためにも、もう少し全体として幅を使っていくことを早めに共有できれば良かったです」
 
 この日の日本の攻撃は、三笘とSBの旗手怜央の“川崎コンビ”が組んだ左サイドからの展開が増えたが、「(三好がいた)逆サイドが空いていたシーンもありましたし、上手く横幅を使うことができれば、相手を広げさせて、チャンスを作れたのかなと思います」と三好は振り返る。そして反省点を続けた。

「そこは伝えなくてはいけなかったなと反省の部分はあるので、全員が試合の流れを読みながら伝えながらやれれば、全員の特長を出せたと思います。自分もあそこで引き出せたらチャンスを作れたと思うので、チームの課題ですし、個人としてそこはもっと要求しなくてはいけないと思いました」

 久保や三笘らとの連係に関しては「距離の使い方が大事だと思います」と語る三好。3月29日には北九州で再びU-24アルゼンチンとの試合を迎えるだけに、そのリターンマッチで攻撃の形をより生み出せるのかポイントになりそうだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
「阿吽の呼吸が彼らにはある」初共演、三笘&久保の連携を指揮官が評価。だが「効果的に発揮できたかというと…」
「拮抗した力があるのは分かった」アルゼンチン戦。久保建英が挙げた「ハッキリしている」課題は?【U-24代表】
「ボールは持てたというより持たされていた」。CB板倉滉が語ったアルゼンチン戦の課題【U-24代表】
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ