「影響力は小さくなっている」リバプール地元紙が南野拓実の現状にチクリ。突きつけられた課題とは?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

「最近のミナミノは他のチームメイトと同様に…」

1か月ゴールが遠ざかる南野。再び存在感を高めることはできるか。(C) Getty Images

画像を見る

 リバプール地元紙『Liverpool Echo』がレンタル移籍中の南野拓実の現状を伝えている。

 南野は今季、リバプールでプレミアリーグ初ゴールをマークするも、出場機会を伸ばせず。2月からは心機一転、同リーグのサウサンプトンへの武者修行を敢行した。すると、デビュー戦で早速初得点を挙げるなど、出場3試合で2ゴールとハイパフォーマンスを披露。しかし、好調は長くは続かない。負傷や過密日程のなかでパフォーマンスは徐々に下降し、およそ1か月ゴールから遠ざかっている。

 そんな日本代表MFに対し、『Liverpool Echo』はこう報告している。

「ミナミノはすでにレッズでプレーした時間の1.4倍プレミアリーグでプレーしている。そのなかで最初のニューカッスル、ウォルバーハンプトン、チェルシーとの3試合で2得点を挙げた。だがそれ以来、出場時間はやや限られており、その影響力も小さくなっている」

 決して地位は安泰ではなくなっている南野。続けて「ラルフ・ハーゼンヒュットル監督はまだミナミノを完全には信頼していない」と、今後の定位置争いにも言及がなされている。
 
「彼のポジションを巡っての競争は激化しており、面白いことになりそうだ。指揮官は、スチュアート・アームストロングが大好きなので、彼がチームから外れることはないだろう。そしてネイサン・レドモンド、ムサ・ジェネポ、セオ・ウォルコット、そして若いネイサン・テラもブレイクしている。彼が居場所を確保するためには、パフォーマンスを向上させなければならない」

 そのうえで、クリアすべき具体的な改善点も挙げた。

「最近のミナミノは他のチームメイトと同様に、最終局面での適切なラストパス、もしくはシュートに課題を残している。ユルゲン・クロップ監督にリバプールでの将来を納得させるためにも、あるいはハーゼンヒュットル監督のもとでセインツへの完全移籍を掴むためにも、リーグ終了までにこの点を大幅に改善する必要があるだろう」

 リバプール指揮官は以前に「今回のレンタル移籍はピッチでのチャンスを与えるための一時的なものだ」とも発言しているが、果たして……。26歳のアタッカーは自力で道を切り拓くことはできるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】なんという落ち着き!南野が難敵チェルシーから奪ったゴールはこちら(29秒~)
【関連記事】
「日本のプレスは凄まじかった」韓国代表キャプテンが明かした“日韓戦惨敗”の舞台裏「認めなきゃいけない」
「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
「こんな屈辱はない!」「監督をクビにしろ」日韓戦完敗に韓国のファンから非難殺到!
「ヨコハマの惨劇!」「完璧に叩きのめされた」日韓戦で完敗を喫した母国代表チームを韓国メディアが糾弾!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ