「余裕を持ってプレーできた」日韓戦、キャプテン吉田麻也が明かした“3-0の勝因”

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月26日

「いろんな方々のヘルプがあってこうやって試合ができた」

3-0で快勝した韓国戦について、吉田が収穫を語った。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[国際親善試合]日本 3-0 韓国/3月25日/日産スタジアム

「試合が終わってこんなにホッとするのも久しぶりだなと思うくらいホッとしています」

 韓国に3-0で快勝し、吉田麻也は安堵のコメントを口にした。なぜなら、「代表は普段と違うプレッシャーがある」のはもちろん、「キャプテンマークを巻く重圧」に加え、「前回の日韓戦をやっている選手が僕しかいなかったので、見えないプレッシャーはいつも以上に大きかった」からだという。

 さらに、「協会の方々」「空港の職員」「ホテルの方々」などの尽力もあってチャーター機で帰国して韓国戦に間に合わせたようで、「いろんな方々のヘルプがあってこうやって試合ができた」と感謝。だからこそ、なおさら「ホッとした部分もあった」と明かす。加えて「韓国もこの難しい状態、賛否両論もあるなかで、日本に来てプレーしてくれた」と対戦相手へもお礼の言葉を残した。

 当然ピッチ上でもたくさんの収穫を得た。まず挙げたのは、先制点を決めた山根視来ら初招集の選手も加えたなかで、韓国に快勝した点だ。

「新しい選手も結果を出したし、もちろんいつもいるメンバーも安定したパフォーマンスを出した。そういう意味では、これから韓国とやる試合のような一進一退の試合は、最終予選でも出てくると思うので、すごく良い準備になったんじゃないかなと。もちろん次のモンゴル戦に勝って予選突破も決めないといけないんですけど、先を見据えてそういうことも考えながらプレーできたのは良かったと思います」
 
 そして好ゲームを展開できた要因として、吉田は準備についても語った。

「ピッチはすごくボールが走るピッチ。練習でもテンポがかなり上がっていました。なのでより大きなピッチで試合をすることで、この2日間に練習をした時よりも余裕を持ってプレーできたのかなと思います。その準備のところがまず良かった。そのなかでも質を保てたのは良かったと思います。良い時間帯に点を取れたのもありますし、そういう意味では良い試合ができたと思います」

 また試合展開に目を向ければ、韓国のシステム変更に対して、柔軟に対応できたのも大きかった。

「チームのなかでもピッチのなかで問題を見つけて解決しようと話していた。そこは前半も上手くできたし、ハーフタイムに2―0で折り返したことで後半に韓国が何か変えてくるだろうという話もしていました。後半に相手が3バックに変えた時も、上手く対応できたのは今日ひとつ良かったことだと思います」

 前半に2点のリードを奪ったおかげもあってか、江坂任や川辺駿、脇坂泰斗、小川諒也などの初招集選手も途中出場。多くの新戦力を起用できたのも収穫で、30日のモンゴル戦に向けて弾みをつけられたはずだ。次戦のパフォーマンスにも期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…
「欧州組がいれば勝てたと言うべきではない」日本戦完敗の韓国代表指揮官が母国メディアを諭す
「山根すげえ」「鎌田2点目さすが」今年初の日本代表戦にファン熱狂!“日韓戦”にSNS上でも大興奮

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ