「韓国のプレッシャーは厳しかったが…」森保監督が語る日韓戦完勝の要因は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月25日

「準備は簡単ではありませんでしたけど」(森保監督)

チーム2点目を挙げた鎌田(9番)はもちろん、大迫(15番)や南野(10番)も躍動し、日本代表は勝利を収めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 国際親善試合の日本代表対韓国代表の一戦が3月25日、日産スタジアムで行なわれた。

 立ち上がりから主導権を握った日本は、17分に山根視来の代表初ゴールで先制すると、27分には鎌田大地のシュートで追加点。さらに83分にCKから遠藤航のヘディングシュートが決まり、日本が3-0で韓国を下した。

 試合後、テレビのフラッシュインタビューに登場した森保一監督はゲームをこう振り返った。

「この試合に向けて準備は簡単ではありませんでしたけど、選手たちがストレスになることも文句を言わずに集中してくれました。スタッフもコロナ禍で大変でしたけど、献身的にみんながチームのために準備してきてくれたことが、結果につながったと思います」
 
 3-0というスコアからも分かるように、終始ゲームを支配していたのは日本。森保監督は「韓国の選手たちのプレッシャーは厳しかったですけど、選手たちがアグレッシブにプレーして、ゴールに向かうことを実践できた」と、圧倒できた要因を説明した。

 そしてなにより強調したのがコロナ禍での試合開催に尽力した周囲への感謝だ。

「我々がコロナ禍で試合をさせてもらって、勝って喜んでいただく、この試合をやって良かったと思ってもらえるような戦いをしようと」

 快勝した日本代表に勇気を貰ったファン・サポーターは多いだろう。30日のモンゴル戦でもたくさんの人に勝利を届けられるか注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】森保ジャパンが宿敵・韓国を3-0で撃破! 横浜決戦の厳選フォトをお届け!
 
【関連記事】
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…
「ヨコハマの惨劇!」「完璧に叩きのめされた」日韓戦で完敗を喫した母国代表チームを韓国メディアが糾弾!
「2軍だったのは言い訳にならない」日本に惨敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「長所の闘志でも負けていた」
日本代表、韓国戦10年ぶりの完封劇!山根、鎌田、遠藤の3発&無失点でアジアの宿敵を攻守で圧倒
鎌田大地が考える日本人と韓国人の違いとは…。「ソン・フンミンが“アジアナンバーワン”で間違いない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ