• トップ
  • ニュース一覧
  • 日本代表、韓国戦10年ぶりの完封劇!山根、鎌田、遠藤の3発&無失点でアジアの宿敵を攻守で圧倒

日本代表、韓国戦10年ぶりの完封劇!山根、鎌田、遠藤の3発&無失点でアジアの宿敵を攻守で圧倒

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月25日

韓国相手の勝利は8年ぶり

日本は鎌田が韓国を突き放す2点目を奪った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 国際親善試合の日本代表対韓国代表が3月25日、日産スタジアムで行なわれ、日本が3-0で勝利を収めた。

 国際親善試合としては10年ぶりの対戦。伝統の一戦で、日本は立ち上がりから主導権を握り韓国を押し込んだ。5分過ぎには左サイドからの崩しで打開。大迫勇也のポストプレーから佐々木翔へつなぐと、最後は鎌田大地がワンタッチでゴールを狙うがこれは惜しくも枠を外れる。

 その後もいい流れを継続する日本は16分に先制。ゴール前の混戦から大迫がヒールで前線へ流すと、攻め残っていた山根が抜け出し、右足を一閃。強烈なシュートが韓国ゴールに突き刺さった。日本が山根の代表デビュー戦ゴールで幸先よく1点をリードする。

 日本は27分にも追加点をゲット。速攻から前線で大迫がボールを収めると駆け上がった鎌田がパスを受け、エリア内に侵入。対峙したキム・ヨングォンをフェイントで翻弄し、右足でゴール左へ流し込んだ。日本が2-0とリードを広げる。

 韓国は球際で再三激しいチャージを仕掛けるものの、日本の巧みなパスワークにいなされ、効果的な攻撃にはつながらない。日本が2点をリードして前半を折り返す。
 

 迎えた後半は、鎌田に代わって代表初招集の江坂任がピッチに立ってキックオフ。日本の勢いは後半も衰えず、チャンスを量産する。53分には敵陣エリア付近でこぼれ球を拾った江坂が強烈なシュートを放つが、これは柏レイソルのチームメイトであるGKキム・スンギュの好守に阻まれる。

 77分には大迫に代えて浅野拓磨を投入。浅野は出場直後にいきなり決定機を演出。タイミングよくディフェンスラインの裏に抜け出しGKと1対1を迎えるが、ここは相手GKに阻まれた。

 だが日本は83分、CKを得ると、江坂のクロスに遠藤航が頭で合わせネットを揺らす。日本が韓国から3点のリードを奪った。

 日本はその後も、3点のリードを守り切りタイムアップ。日本は2013年の東アジア選手権以来、8年ぶりの韓国戦勝利(2-1で勝利)。また、韓国戦での完封勝利は2011年の国際親善試合以来(3-0で勝利)、10年ぶりとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
「ヨコハマの惨劇!」「完璧に叩きのめされた」日韓戦で完敗を喫した母国代表チームを韓国メディアが糾弾!
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…
「2軍だったのは言い訳にならない」日本に惨敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「長所の闘志でも負けていた」
「敗因はゼロトップ」「我々は2軍だから…」日韓戦での完敗を認めつつ、韓国メディアからは負け惜しみの論調も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ