【橋本英郎】独断と偏見で選ぶ“J歴代ヘディング名手”ベスト10! 中澤、闘莉王、冨安ら“鉄板”のほかにも意外な面々が!

カテゴリ:Jリーグ

橋本英郎

2021年03月23日

ケネディは“仁王立ちのまま”ゴールを決めていた

左上から時計回りで中澤、闘莉王、岩政、そして冨安。いずれも劣らぬ“空の支配者”だ。はたして1位は誰に──。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 前回コラムで「歴代パサー」ベスト10をやらせていただいて、かなりの反響をいただきました。ありがとうございます。

 編集部からの要望もありまして、今回はずばり「エアバトラー」! 空中戦に滅法強い名手たちをピックアップしてみました。あくまで対象は、僕がかつて共に戦ったチームメイト、または過去に対戦した選手を基本線にしていますのでご了承ください。

 ではさっそく10位から行きましょう。元ジェフ千葉の【巻誠一郎】選手です。

 なんといっても彼の強さは、メンタリティー。明らかに自分のボールではない局面でも無理矢理にでもヘディングに行って、状況を変えてしまう。ヘディングの技術的にも唸らされましたし、本人が「利き足は頭」と話していたのもよく理解できます。足で点を取りに行くところでも、あえて頭で強引にでも合わせてゴールをこじ開ける。生粋のエアバトラーですね。

 続きまして9位には、元ジェフ、ガンバ大阪の【山口智】選手をチョイスします。

 身長は180センチ弱なのですが、190㎝の相手にも勝ててしまう。競り合いにむちゃくちゃ強かった印象があります。身体の使い方は実にしなやかなで、空中でもしっかりバランスが取れる。だから、ヘディングできるゾーンが広い。さまざまなタイプの選手に対して、頭脳を駆使して空中戦を制する。そして、勝利する。近くで観ていて本当に頼もしかったです。
 
 どんどん行きます。8位は、元名古屋グランパスの【ジョシュア・ケネディ】選手です。

 チームメイトたちからのいろんな情報を集めたら「ヘディングそんなに強くないよ!」って言われちゃいそうですが、僕が選出した理由は明快です。「コーナーキックに合わせるとき、立ったまま頭に当てて入れてしまう!」。もうこれに尽きます。本来なら競り合って必死に頭を出してヘディングしますが、彼の場合は、仁王立ちのまま相手を手でブロックしてしまえばシュートを撃てる、絶対的な高さ(194センチ)を持っていました。

 続いて7位。名古屋と清水エスパルスで活躍した【フローデ・ヨンセン】選手です。

 とにかくヘディングの技術が図抜けているな、と試合をしていて感じました。強めの弾道のヘディングシュートだけでなく、キーパーの頭上を抜く技ありのシュートなどバリエーション豊かで、技術を駆使していた印象です。すごく芸術的でした。

【PHOTO】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28人の名手が厳選した「 J歴代ベスト11」を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ