• トップ
  • ニュース一覧
  • 連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】白熱のJ2首位攻防戦。磐田が千葉から手にした「勝点3以上」の1勝

連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】白熱のJ2首位攻防戦。磐田が千葉から手にした「勝点3以上」の1勝

カテゴリ:Jリーグ

熊崎敬

2015年04月27日

GKカミンスキーが多くのピンチを止め、点取り屋のジェイが少ない好機を確実に決める。

「ワールドクラス」と名波監督も賞賛した一発を決めたジェイ。決定力の高さを見せた。写真:徳原隆元

画像を見る

 千葉が押し込み、磐田が凌ぐ時間が長く続いたJ2・9節での首位攻防戦は、2-0でアウェーチームに凱歌が上がった。その内容を端的にまとめれば、「守護神が多くのピンチを止め続け、点取り屋が少ない好機を確実に決めた」となる。
 
 守護神とはポーランド人GKカミンスキー、点取り屋とはイングランド人ジェイのこと。ちなみにロスタイムには72分に投入された松井が、仕事人らしくカウンターから鮮やかなボレーを突き刺した。
 
 この磐田の勝利は、サッカーがゴールの数で勝敗が決まるゲームであることを改めて教えてくれる。ピンチが多くても守るべき人が守り、チャンスが少なくても決めるべき人が決めれば勝つことができるのだ。磐田には、その大事なところに頼もしい助っ人がいた。
 
 再三、決定的な場面に絡みながら無得点に終わった千葉のペチュニクとは違い、磐田のジェイは2本のシュートで1点を決めた。それはストライカーらしく非常に落ち着いたフィニッシュだった。
 
 21分、松浦から送られたクサビのパスが、千葉のCB大岩の伸ばした足に当たってジェイの足下に落ちる。慌てた大岩は足を出したが届かず、ジェイは反転。そのまま右足を振り抜き、右隅を撃ち抜いた。
 
 この場面、届かないボールに安易に飛び込み、あっさり前を向かせてしまった大岩のミスという見方もできる。だが、それを差し引いても、良いフィニッシュだった。
 190センチ、89キロのジェイはリーチが長く、厚みもある。懐が深く、一度ボールを収められると、手も足も出ない。あのワシントンを彷彿させるゴールだった。
 
「松浦とアイコンタクトを交わして、ファーストタッチでターンしようと思った。いい形で決められたね」
 
 今季4点目をこのように振り返ったジェイは、勝負を分けるポジションでプレーすることについて、次のように語った。
 
「今日の僕はCBふたりと(ボランチの)パウリーニョの3人に囲まれた、難しい状況でプレーした。ボールはあまり来なかったよね。そんななかで、集中力を保ち続けるのは難しい。だから僕は無理に集中しようとは思わず、チャンスが来た時に最大限集中しようと考えている。シュート2本で1本決めたんだから、それができたと思うよ」
 
 ここぞという瞬間に、すべてを賭ける。ここぞでなければ、ほどほどに。これが点取り屋稼業の処世術なのだろう。

 せっかくなので憧れのストライカーについて尋ねると、「子どもの頃はブラジルのロナウドに夢中だったよ。いまはジエゴ・コスタがお気に入りだよ」という答えが返ってきた。
 
 ブラジル生まれの名手を見て、自然と効率の良さを身につけたのかもしれない。

ビッグセーブを連発したカミンスキー。勝利の立役者となった。写真:徳原隆元

画像を見る

【関連記事】
【千葉】昇格争いのライバルに敗戦――今季も突きつけられた“決定力不足”という課題
【三浦知良】右足を負傷か? 徳島戦は43 分に無念の途中交代
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】ふたりのブラジル人監督が示唆したサッカーの真理
【J1採点&寸評】1stステージ・7節|全9カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価
【磐田】小林、上田のホットラインを開通したい

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ