「恐怖の顔面蹴り!」チェコ代表GKを襲った“情け無用のハイキック”に非難が殺到!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月20日

頭蓋骨を亀裂骨折する大怪我に…

後がない状況で気持ちが逸ったか。ルーフェのキックがカウンター気味にコラーの顔面を捉えた。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 とんでもないカンフーキックに批判が集中だ。

【関連フォト】パックリ割れた額が痛々しい…。チェコ代表GKの負傷箇所を捉えた“衝撃カット”はこちら

 現地3月18日、スコットランド・グラスゴーで行なわれたヨーロッパリーグのラウンド・オブ16、レンジャーズ(スコットランド)対スラビア・プラハ(チェコ)の一戦。アウェーの後者が2-0で勝利し、2戦合計3-1で8強行きを決めたゲームは、荒れに荒れた。

 目を覆いたくなるハプニングが起こったのは61分だ。スラビア・プラハに0-1とリードした状況で、後がないレンジャーズは3分前に一挙に3枚替えの積極策に出る。そこで投入されたばかりのレンジャーズFWケマル・ルーフェが暴挙を犯したのだ。ゴール前に流れた浮き球に対して、足の裏を見せた強烈なハイキックを敢行。これが捕球に向かっていた相手のチェコ代表GKオンドレイ・コラーの顔面をモロに捉えたのだ。

 ルーフェはもちろん一発退場。ピクリとも動かなかったコラーはおよそ7分間の緊急治療を経て、ようやく担架で運び出された。スラビア・プラハのヤロスラフ・トブルディック会長は怒りを滲ませ、翌日の会見でコラーの診断結果を明かした。

「危険極まりないプレーで遺憾に思うし、許されないプレーだった。コラーはグラスゴーで夜通しの治療を受け、頭蓋骨の前方(額)にヒビが入っていることが確認された。帰国後は軍の医療施設で集中治療室に入っている。大事に至らなくてホッとしているよ」
 
 英紙『The Sun』は搬送前に撮影されたコラーの負傷箇所を紹介しつつ、「恐怖の顔面キックに会場は騒然となった。勢い余って起こしたのだとしても程度が酷く、ルーフェには複数の出場停止処分が下されて然りだ」と断じた。レンジャーズやルーフェの公式SNSには非難の声が殺到し、一方でコラーのアカウントには励ましのメッセージが多数寄せられているという。

 試合終了間際にはレンジャーズのMFグレン・カマラに対して、スラビア・プラハのDFオンドレイ・クデラが投げかけた言葉に端を発し、乱闘騒ぎが発生。試合後のトンネル内で怒りが収まらないカマラがふたたびクデラを襲撃し、拳で殴って出血させたとの情報も流れた。レンジャーズ側は黒人選手であるカマラへの人種差別的発言があったと主張したが、スラビア・プラハのトブルディック会長は断固としてこれを否定している。

 前代未聞の大荒れとなったグラスゴーでの一戦。UEFAの調査結果などを含めて、今後まだまだ波紋を広げそうである。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連フォト】パックリ割れた額が痛々しい…。チェコ代表GKの負傷箇所を捉えた“衝撃カット”はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ