【FC東京】褒められた内容ではなかった湘南戦。それでも長谷川監督が「非常に大きな勝利」と語る理由は?

カテゴリ:Jリーグ

渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年03月17日

「2勝目を挙げるまではチームというのは少し勝ち星に対してナーバスになる」

決勝弾の渡辺剛(中)は、「守備の課題は多い」と試合を振り返った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ5節]FC東京3-2湘南/3月17日(水)/味の素スタジアム

 FC東京は、27分に湘南ベルマーレに先制点を許し、逆転した後も同点にされるなど苦しい展開となったが、追いつかれた直後の81分に渡辺剛が勝ち越しゴールを奪い、3-2で接戦を制して今季2勝目を挙げた。

 試合後に長谷川健太監督は「難しい試合でしたし、決して褒められた内容ではないですが、選手たちが頑張って、勝点3をもぎ取ってくれた。非常に大きな勝利だったと思います」と振り返った。

 課題は多かったかもしれないが、FC東京にとっては実りの多いゲームだったとも言えそうだ。

 失点した後の37分、戦前から指揮官が「この試合でさらに結果を出して、自信を持ってスタートを切るシーズンにしてほしい」と期待を寄せ、その筆頭と名指ししていた田川亨介が反撃の口火を切る。

 さらに、「真ん中で起点になり、これで(今季)2点目。前線の核となってもらえば」と信頼の厚いディエゴ・オリヴェイラが3分後に追加点。この逆転弾をお膳立てしたのは、左SBに入った中村帆高で、昨季から課題として挙げていたSBが得点に絡み結果を出したゴールだった。

 79分に同点に追い付かれるものの、2分後には渡辺剛がすぐさまゴールを奪い返した。
 
 長谷川監督は「序盤戦勝ち星を重ねていくまで、よく『両目が開くまで』と私は言っているのですが、2勝目を挙げるまではチームというのは少し勝ち星に対してナーバスになる。

 勝っていてもどこかで追いつかれたくないというそんな姿勢になりがち。前節はそういう形で追いつかれたので、今節は最後までアグレッシブに戦おうと話もしました。が、選手もどこかで勝ち切りたいというか、大事に行きたいという心理が働く」

 そう試合運びには課題が多かったと振り返る一方で、この日勝ち切れたことは大きいと語る。

「どのチームも一緒ですが、1勝するというのは本当に大変。勝ってくるとチームも乗ってくるが、それまではリードしていても不安というのが付きまとう。勝たないと選手も自信というのが出てこない。そういうなかで勝ち切ったというのは選手たちがよく踏ん張ってくれたと思います」

 ついに両目が開眼したFC東京。長谷川監督は今季初の連勝を目指して、次節ベガルタ仙台戦を見据えている。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【関連記事】
「モリモト、何をしているんだ」森本貴幸の飲酒ひき逃げ逮捕に伊メディア衝撃!「この日本人を覚えているか?」
日本代表、国内組のベスト布陣を探ってみた。欧州組の招集が不透明な状況で日韓戦のピッチに立つのは…
森保ジャパン、国内組“最強メンバー”は? モンゴル戦も考えれば冒険的な選考にはならないだろう
【日本代表】3.25に伝統の日韓戦が決定! 森保監督は「勇気と元気を伝えられるよう」と意気込み
「日本は完璧だった」ヴェンゲルが欧州サッカーの“Jリーグ式”への日程変更&W杯2年おき開催を大胆提言!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ