「日本は完璧だった」ヴェンゲルが欧州サッカーの“Jリーグ式”への日程変更&W杯2年おき開催を大胆提言!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月17日

「日本で働いたアドバンテージがある」

大胆な改革案を主張したヴェンゲル。日本での経験も踏まえての提言のようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 改善の必要を訴えることは多いが、実現に至っていない。アーセン・ヴェンゲルは、欧州サッカー界のカレンダーを変えることが「夢」だと話した。そして、サッカー界の一大イベントも変革すべきと訴えている。

 米スポーツチャンネル『ESPN』によると、現在FIFAの要職につくヴェンゲルは、『beIN SPORTS』で「わたしの夢なんだ。今は多くの人が分かち合っている夢じゃない。だが、自分には日本で働いたアドバンテージがあると思う」と述べた。

「3月から11月まで試合をして、それで完璧だった。そうすれば、もう『彼が優勝したのは2018-19シーズン』とはならない。優勝したのは『2018年』や『2019年』、『2020年』になるんだ」

 さらに、ヴェンゲルは「日程を完全に再編成しなければならないと信じている」と続けた。

「FIFAでジャンニ・インファンティーノ会長とそのためのステークホルダーとの会議を試みている。移動の必要を減らす将来的な計画を立てなければいけないからね」

 アーセナルで黄金期を築いたかつての智将は、ワールドカップの開催も変えていくべきと考えている。次回の2022年カタール大会は11月から12月にかけて行われるが、「良い機会だ」と、これを機に2年ごとの開催にし、より多くの国が高いレベルで戦う機会をつくるべきと主張した。

 ヴェンゲルは「世界的に日程を調和させるには、だれかが譲らなければ。欧州かそれ以外の世界か、だ」と指摘。また、「欧州とそれ以外の差は大きく、もっと多くの国がワールドカップに出場するのは、より小さい国のサッカーの発展を助ける。世界レベルで戦う機会が増すからだ」と話している。
 
「ワールドカップのチームを見ると、通常は平均年齢が27、28歳だ。だから、4年ごとの大会では、再びワールドカップで勝つチャンスが少ない。次に出られるのは32、33歳になるからだ。だから、2年ごとにワールドカップとEUROを開催し、それ以外をなくすべきではないだろうか。意義ある大会だけにして、似た大会をなくすんだ。人々は何が懸かっているかを理解し、意義ある大会だけにしなければならない」

 いつか、ヴェンゲルの「夢」はかなうだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】ヴェンゲル監督の下、95年にJリーグMVPに輝いたストイコビッチの超絶プレー集

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ