【J1ベストイレブン】開幕から全勝の3チームから7選手を選出。MVPは2得点の活躍以上に献身性が光った元セレソンFW|3節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月12日

鳥栖のエドゥアルドは2節続けてベストイレブン入り

【第3節のベストイレブン】(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2021年シーズンのJ1リーグは3月10日、中止となったガンバ大阪と大分トリニータの一戦を除く、第3節の9試合を各地で開催した。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節の主役は2ゴールのみならず、その献身性も冴え渡った川崎のレアンドロ・ダミアンだ。

 ホーム徳島戦で先発した元セレソンFWは、12分、42分と前半に2ゴールの固め打ち。シュート技術もさることながら、どちらの得点も起点となったのは敵陣で自ら仕掛けたプレスだった。最前線からチームを牽引したL・ダミアンは『7.5』の高採点で今節のMVPとした。

 1試合消化が多いものの、開幕から4戦全勝で首位を走る川崎からは、相手に的を絞らせないフィードも素晴らしかったCB谷口彰悟も選出した。
 
 ともに3連勝で川崎を追走する名古屋から3選手、鳥栖から2選手をピックアップした。

 柏を相手に敵地で1-0の勝利を飾った名古屋では、ボランチコンビが躍動。米本拓司がセカンドボールを回収し素早く展開すると、最後は稲垣祥がゴール前に詰めて決勝点を記録。攻守で圧倒的な存在感を放った中盤の二人とともに、2戦連続でクリーンシートを達成した守備陣から、気迫あふれるプレーでチームを引き締めた中谷進之介をチョイスした。

 鳥栖のCBエドゥアルドはチーム2点目を決め、相手FWをシャットアウト。2節続けての選出となった。MF松岡大起は守備では球際の激しさを、攻撃では鋭いパスを連発。チームは仙台相手にホームで5-0の完勝。クラブ史上初の開幕3連勝、さらにいまだ無失点と理想的な滑り出しを見せている。

 そのほか、2得点で鹿島に今季初白星をもたらした荒木遼太郎、昨季までの恩師ロティーナ監督率いる清水を相手に、見事なボレーで決勝弾を決めたC大阪の清武弘嗣、FW、中盤と複数のポジションをこなしたうえで、FC東京との点の取り合いを制すゴールを挙げた神戸の郷家友太、見事なセービングでリードを守り切った広島のGK大迫敬介をセレクトした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ