「鋭い眼差しが素敵です」中田英寿が投稿した1000万円超え高級車との“2ショット”写真にファン反応!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月15日

今回訪れたのは石川県の海辺

先日、東京最大級のタクシーアプリ「S.RIDE」のアンバサダー就任が発表された中田氏。(C)Getty Images

画像を見る

 2006年に惜しまれつつも29歳の若さで現役を引退した日本サッカー界のレジェンド中田英寿氏は3月13日、自身のインスタグラムを更新し、「駆けぬける歓び」を投稿した。

 引退後もFIFAの親善大使を務めながら、『JAPAN CRAFT SAKE COMPANY』の社長として、日本酒をはじめとする日本文化のPR活動を行なうなど、多方面で活躍する中田氏。

 2017年よりBMWのブランド・フレンドも務めており、これまでもハッシュタグに「駆けぬける歓び」を添えて、全国各地でBMWとの“2ショット”を公開している。

 3月13日の投稿では、「『にほん』の『ほんもの』を巡る旅 石川」と題してBMW社が多数ラインナップする中でもトップクラス、最安のモデルでも1079万円からという、フルサイズSUVのX7に寄りかかり、海辺で佇む姿をアップした。

【画像】「いつまでもカッコいい」中田英寿氏が投稿したBMWとの“2ショット”
 
 この投稿にフォロワーたちも反応し以下のようなコメントが寄せられた。

「いつまでも、カッコいいっす」
「本当に変わらない」
「うっとりです」
「ひでさん、福井もきてください」
「綺麗な海ですね」
「曇天の海をバックに未来を見据えるその痺れるような鋭い眼差しが素敵です」

 一方で、「『にほん』の『ほんもの』を巡るなら国産車で巡って欲しかったです」「カッコいいんだけど、このテーマなら日本車乗って欲しい」「ヒデさん、日本車めっちゃいいのいっぱいあるでぇ」などの声も上がっている。

 現在も多方面で駆け続けている“ヒデ”。次回はどんな場所でその喜びを表現するのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「渋さがハンパねー」中田英寿氏が投稿した“ゴルファー姿”が反響!「浮き出た血管に痺れてしまいます」
「天才少年が道を間違えた」カルチョに衝撃! 元イタリア代表DFが大麻栽培の容疑で逮捕…パルマでは中田英寿とプレー
20年経っても色褪せない! ローマ公式が中田英寿氏のユーベ戦での“伝説弾”を回想「セリエAで最も記憶に残る」
「いじめ、かっこ悪い。」前園真聖氏が 25 年前を再現。啓発動画をJ会場で放映
トルシエジャパンで身につけた“黒子の哲学”。明神智和氏は才能ひしめく激戦区でいかに不可欠な戦力となったのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ