「最後のシーズンにCLへ」長谷部誠、フランクフルトとの契約延長に込めた思いを明かす!「スパイクを脱ぐならファンの前で…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中野吉之伴

2021年03月11日

「チームは若返らないといけないと思っていた」

契約更新後の記者会見で、率直な想いを明かした長谷部。 (C)Getty Images

画像を見る

 コロナ禍の影響など想像もしていなかった、2016年12月21日のマインツ戦だった。試合前に長谷部誠の契約延長がアナウンスされたとき、スタジアム中のファンから大きな歓声や拍手が送られたことを思い出す。

 4年ちょっと前の思い出だ。日本人MFのキャリアハイはあの頃からまだ続いている。今思えばむしろ、あの頃はまだ成長過程だったのではないかとさえ思う。

 当時、彼は「ファンにそういう風に受け入れてもらえるというか、感じてもらえるのは、選手として非常に嬉しいこと」と語っていた。

「自分の中では昨シーズンに続いて今シーズンも、ドイツに来てから一番充実感がある。プレーヤーとして、経験の面で成熟度は増している。この2年くらいはキャリアハイなのかな?という感覚も、正直ある。それを維持するのではなく、これからまたさらによくする部分を求めていきたい。サッカーをやっていても楽しいんです」

 そして月日は流れ、37歳の長谷部誠は、2021年夏までだったフランクフルトとの契約を、一年延長した。これで、ブンデスリーガ14年目を迎えることになる。

 3月10日に行なわれたリモート会見に登場したベテランは、現在リーグ4位につけているフランクフルトでキャプテンを務め、ボランチの位置から攻守にわたってゲームをコントロールしている。シーズン前半はベンチスタートの日々も続いたが、本人は契約更新に焦りはなかったそうだ。
 
「今年に入って中盤でプレーし、自分の中でまだボランチでこれだけできるんだという感覚が出てきたのが、ここ1、2か月くらい。チームとしても若返りをしなければいけないと話していたし、自分自身もそう感じていた。そんななかで、また中盤で存在感を出せるようになると思っていなかった」

 ただ、試合を重ねるごとにチームに欠かせない存在になっていく長谷部を、クラブが放っておくわけもない。契約延長に際してのやり取りは、とてもスムーズだったそうだ。

「2~3週間前にフレディ(・ボビッチSD)と朝食をとっていて。そうしたら、フレディが『どんな感触?』と聞いてきたので、僕は『すごくいい感じだよ』と答えました。そうしたら彼のほうから、『もう1シーズンプレーする気はある?』と尋ねてきたので、僕は『喜んで。まだプレーしたい』って答えたかな。

 そうしたら翌日にもう代理人から電話があって、あとはあっという間だった。監督とも話をして、監督も僕と一緒にやりたいと思ってくれていた。それが一番大事ですよね。金銭関係の話とか、交渉事はなかった。まあ3年契約にサインしたかったけど、1年で大丈夫(笑)」
【関連記事】
「今シーズンで終わりかなと…」37歳・長谷部誠、フランクフルトとの契約延長を発表! 現地サポーターからも祝福の声
「あんなに長くは…」長谷部誠について、7歳年下の“ライバル”は何を思う?「ハセが競う相手は日本にいる」
「彼は1000試合くらいプレーしてるので…」長谷部誠を14歳年下の“相棒”が称賛!「僕らを助けてくれる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ