【名古屋】点を取りたければ、守れ――逆説的アプローチでさらなる高みへ

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2021年03月07日

75分の決定機を境に、試合の流れは名古屋へ

札幌戦も堅守発揮で1-0の完封勝利。CBの中谷は「0-0で抑え続ければ何かが起こる。その状況を楽しめている自分がいる」と語る。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ2節] 名古屋1-0札幌/3月6日(土)/豊田スタジアム

 虎の子の1点を守りきって、というよりは守りきるなかで虎の子の1点を手にした勝利だ。82分間を無失点かつ無得点で過ごした両チームを比べると、チャンスとシュートの数では札幌のほうがむしろ優勢にも思えた。

 勝敗を分けたのはスコア通りに決定力の差、そして勝つには1点で十分と自信を持てる守備力の差もまた大きい。中谷進之介は言う。「0-0で抑え続ければ何かが起こる。その状況を楽しめている自分がいる」。だからこそアタッカーたちは、たとえチャンスが少なくとも、高い集中力を発揮することもできる。

 正直なところ、名古屋の攻撃はさほど機能していなかった。スタメン出場した山﨑凌吾とガブリエル・シャビエルのコンビは、ボールは引き出すが周囲との距離感が悪く、前半は攻撃を大きく発展させられなかった。

 マッシモ・フィッカデンティ監督は後半も少しだけ様子を見ると、54分と早い時間帯にFW2枚とボランチをまとめて代える積極策に打って出る。

「フレッシュさをどうしても持ち込みたかった」というのは体力的な理由ではないだろう。停滞していた攻撃に、新鮮な風を吹き込み、チーム全体をも活性化したかった。効果はすぐには表われなかったが、スカウティング通りに札幌の動きが鈍りだすと、75分の前田直輝の決定機を境に、試合の流れは名古屋へと傾き出した。
 
 82分、膠着の展開に終止符を打ったのは、身体を絞り、貪欲さを増した五輪世代のアタッカーだ。3枚替えのひとりとして投入された相馬勇紀は、最初こそサイドに張って自らの突破力を反撃の力としようとしていたが、先の決定機と前後して右の仕掛けが増えると、思考をフィニッシャーモードに切り替え、その時を待った。

 82分の得点シーンはまさにストライカーの趣で、逆サイドからスルスルとペナルティエリアを斜めに渡り、宮原和也の突破、前田直輝の突破と連続する局面の中で「前田君にパスが入って抜く瞬間を狙って加速」。自陣の最奥に侵入された札幌DF陣の死角からのパスに足を出し、まんまとワンタッチゴールをせしめたのである。
 
【関連記事】
名古屋が急遽中止となったガンバ戦の貴重な舞台裏動画を公開! なでしこ岩渕も絶賛「めちゃめちゃいい動画」
【J1採点&寸評】名古屋1-0札幌|“背番号11の先輩”を彷彿させたアタッカーがMOM。無失点の守護神も高評価
【名古屋】「僕は決めるだけ」とは言い切れない相馬勇紀の決勝弾。「ちょっと加速しました」
【名古屋】「去年を超えていきたい」マテウスが開幕2ゴールと躍動! 得点は指揮官の要求通り?
Jリーガーが選ぶ「好きな女性タレント・女優・歌手」ランキング! 2位は長澤まさみ。2年連続で1位に輝いたのは――

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ