【J1採点&寸評】柏2-1湘南|システム変更などの好采配が光った指揮官を高評価! MOMは2ゴールの…

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2021年03月07日

柏――後半立ち上がりは劣勢を強いられたが…

【警告】柏=なし 湘南=なし
【退場】柏=なし 湘南=なし
【MAN OF THE MATCH】呉屋大翔(柏)

画像を見る

[J1リーグ2節] 柏2-1湘南/3月6日(土)/三協フロンテア柏スタジアム

【チーム採点・寸評】
柏 6.5
リズムを握った序盤に先制したが、その後は拙攻が目立った。前半終了間際に同点にされたものの、後半途中の選手交代とシステム変更でふたたびリズムを取り戻す。呉屋の2得点で今季初勝利を飾った。

【柏|採点・寸評】
GK
17 キム・スンギュ 6
枠内シュートが少なかったため、ビッグセーブでピンチを救う場面はなかった。クロスボールの処理では安定感を発揮し、後方からのコーチングでも存在感を示した。

DF
6 高橋峻希 6.5
ピンポイントクロスで呉屋の先制点をアシスト。果敢な攻撃参加でサイドに厚みをもたらした。

25 大南拓磨 6
高さを生かしてハイボールをはね返す強さを見せた。ただ同点に追いつかれた場面では、大橋を潰せなかったことが悔やまれる。54分の中村のシュートは、足を出して阻止した。

15 染谷悠太 6.5
石原直、大橋との激しいバトルにも、屈することなくフィジカルの強さを発揮。最終ラインからのコーチングでもチームを統率した。

4 古賀太陽 6
常にパスを受けられるポジションを取り、味方の逃げ道を作る。また湘南のプレスをかわし、ビルドアップの起点としてボールを動かした。
 
MF
8 ヒシャルジソン 6
球際で強さを発揮する一方、ポジショニングを誤り、守備のアプローチに遅れる場面も見られた。それでも、後半途中のシステム変更でインサイドハーフを務めると、決勝点に絡む。

26 椎橋慧也 6.5(67分OUT
システムを変えた後、インサイドハーフに入って湘南の守備を撹乱。66分にはゴール前でヒシャルジソンのクロスをヘッドで反らし、呉屋の決勝点をアシストした。

18 瀬川祐輔 6(58分OUT
ウイングバックでの起用だったため、ゴール前に入っていく回数よりも、プレスバックなどの献身的な守備が光った。ただ、失点場面では攻守の切り替えで岡本に上回られてしまう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ