【神戸】櫻井辰徳がプロデビュー戦で抜群の存在感! “逸材ボランチ”が得た手応え「コントロールはすごく出来ていた」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月03日

「最初は緊張しましたが…」

ルヴァン杯初戦でプロデビューを果たした櫻井。ルーキーとは思えぬ堂々としたプレーで勝利に貢献した。※写真はオンライン会見のスクリーンショット

画像を見る

[ルヴァン杯グループステージ]大分1-3神戸/3月2日(火)/昭和電工ドーム大分

 期待の高卒ルーキーがプロデビュー戦でいきなり抜群の存在感を見せた。

 ヴィッセル神戸は、ルヴァンカップ・グループステージ初戦で大分トリニータと対戦。開始20分に失点したものの、素早いパス回しで再三にわたり相手ゴールに迫り、44分に増山朝陽の得点で同点に。さらに後半も、前線からのハイプレスで相手に自由を与えず、51分に中坂勇哉、81分に田中順也と得点を重ね、3-1の快勝を収めた。

 この試合で、ひと際輝きを放っていたのが、前橋育英高から加入した高卒ルーキーのMF櫻井辰徳だ。ボランチの一角で先発に名を連ねた櫻井は、「先輩たちからミスしてもいいから思いっきりやれと言われていた」とのチームメイトのアドバイス通り、立ち上がりから積極的にボールに絡むと、球離れよくサイドへ展開するなど、攻撃をコントロール。ルーキーとは思えぬ堂々としたプレーで、チームの勝利に貢献した。
 
「特別な試合でした。最初は緊張しましたが、前半に少し経ったら意外とすんなり試合に入ることが出来て、落ち着いてプレー出来ました。ゲームを動かすところや、攻撃のコントロールはすごく出来ていたと思うので良かったです」

 これまでプロデビューを目指してきた櫻井の次なる目標は “リーグ戦デビュー”。「本当は開幕メンバー入りを目指していましたが、それが叶わなかったので、次はリーグデビューを早い段階でできるように練習からアピールしたい」と意気込む。

 群馬の名門・前橋育英高ではエースナンバーの「14番」を背負うなど、将来を嘱望されてきた逸材ボランチ。デビュー戦で得た自信を胸に、タレント揃いの神戸でのレギュラー獲得を目指す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】櫻井辰徳の得点に繋がるヘディングシュートも! ルヴァン杯GS、大分対神戸のハイライト

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ