震災から10年、三浦知良が実感したゴールの意味。「エンターテイメントが力になり、みんなの為になるんだ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月01日

「現地に行ってサッカーをやりたい」

今なお最前線で戦い続けるカズ。自らのゴールで再び全国にパワーを届けられるか。写真:徳原隆元

画像を見る

 3月11日で東日本大震災から10年の節目を迎える。

 横浜FCの三浦知良は3月1日、オンライン上で会見を行ない、この10年間を振り返った。

「震災の時から今まで、僕はずっと横浜FCにいて、暮らしも首都圏が中心。ここまで普通に生活することができて、被災地の方とは過ごし方も違うので、同じ10年ではないのかもしれません」として今季、横浜FCで16年目を迎えたカズは、震災後、またこの1年のコロナ禍で感じたことをこう語った。

「スポーツの持つ意味を改めて考えさせられた。やはり娯楽のなかの一つで、10年前もこの1年も、なかなか積極的に活動出来る状況ではなかった。改めて価値観が問われていると思う」

 その一方で、震災からわずか18日後に行なわれた復興支援チャリティマッチで決めた三浦知良の一撃と“カズダンス”は、被災地に勇気を与えた。

 カズ自身も「チャリティーマッチでのゴールは被災地の方々にも喜んでもらえた。ゴールというものがそれほど力があるのかと思い知らされました。エンターテイメントが力になり、みんなの為になるんだ」と、そんな想いを強くしたという。

「僕の場合は被災地との関わりというとサッカーをやることになります。現地に行ってサッカーをやりたい」
 
 コロナ禍のなかだが、「3月11日が来るたびに思い出して、これまでもクラブや選手会、僕個人でも子どもたちとサッカーをやったりしてきたが、現地で触れ合えるようになれば、そういう活動もしていきたいと思います」と話し、今後も被災地の光となることを約束した。

 昨季のJリーグでJ1最年長記録を53歳9か月23日に更新したレジェンドは、再び全国を歓喜の渦に巻き込めるか。

 横浜FCは3月3日にルヴァンカップの柏レイソル戦、同6日にホーム開幕となる2節・大分トリニータ戦、さらに同10日には敵地での3節・浦和レッズ戦が予定されている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】名場面がずらり!厳選写真で振り返る”Jリーグ27年史”!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ