【セルジオ越後】おじさんたちが頑張った開幕戦!五輪イヤーなのに若手はもっと存在感を出せ!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

ほぼ変化なく継続性の強みを持つ川崎。助っ人がフィットできていないチームが苦戦!?

開幕戦ではベテラン勢が気を吐いた。写真は左上から時計回りに、大久保(C大阪)、家長(川崎)、森重(FC東京)、阿部(浦和)。写真:サッカーダイジェスト(家長、森重、阿部)、J.LEAGUE PHOTOS(大久保)

画像を見る

 ついにJリーグの2021年シーズンが開幕したね。まだまだ世間一般は、コロナ禍の影響が色濃く残る状況だけど、こうしてなんとかシーズン開幕に漕ぎつけられたのは本当に良かった。

 その開幕戦でまず印象に残ったのは、優勝候補の明暗だね。昨シーズン、圧倒的な強さでJ1を制覇した川崎が今季もマリノスを相手に強さを見せつけた。ちょっと格が違う感じがしたよ。川崎は昨シーズンからほとんどチームが変わっていなくて、やはり継続性が強みになっている。プレシーズンの準備もほとんど問題がなかったようだし、ゼロックスを見ても万全の準備で開幕を迎えたのが分かった。

 対してマリノスは今ひとつしっくりいっていない感じが見て取れた。前線の得点源となっていた助っ人がふたりも抜けて、その代わりに獲得したブラジル人アタッカーたちが合流できていない影響もありそうだ。序盤戦は少し苦しむかもしれないね。

 今季、川崎の対抗馬として挙げられているアントラーズは、終盤に3失点してエスパルスに逆転負けを喫した。去年もシーズン序盤は苦しんだけど、尻上がりに調子を上げて5位に食い込み、今年はかなり期待されているようだけどね。昨季終盤にゴールを量産した上田も出来は良くなかったね。勝たなくてはいけない相手だったけど、アントラーズもやっぱり新外国人がまだチームに合流できずにいる。サントスから加入するピトゥカは有望なボランチだけど、フィットまでに時間がかかるようだと川崎に置いていかれる可能性もあるよ。

 FC東京も怪我で長期離脱していたディエゴ・オリヴェイラが本調子ではなかったし、レイソルも結局、獲得した助っ人が合流できずにオルンガの抜けた穴が印象付けられる結果になった。結局、各チームとも頼りにしていた助っ人がまだ力を発揮できていない状態で、昨年とほぼ変わらない川崎が安定して強さを発揮できているという印象だね。ただ、川崎にしても今季は夏に五輪で選手を抜かれる可能性があるし、これからACLの戦いも待っている。これをどう乗り切るかが課題になってくるだろうね。

【動画】39歳、浦和レッズ・阿部勇樹の一発!
【関連記事】
【川崎】「2点取れたのは出来すぎ」開幕戦で圧巻2発! 34歳・家長昭博が示す年長者としての“責任”
【J1採点&寸評】鹿島1-3清水|途中出場から逆転弾のアタッカーがMOM。3失点の鹿島守備陣は…
【清水】「ある時は4-3-3、ある時は…」可変システムを採用した智将ロティーナの狙い
C大阪、大久保嘉人が開幕戦でいきなりの得点! 古巣・川崎相手の次戦は「等々力に帰れるのは嬉しい」
【神戸】イニエスタやリンコンら超強力助っ人不在も新戦力が開幕から躍動!三浦監督が絶賛したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ