「なぜクボを先発で使わないのか?」久保建英を1か月で“冷遇”する指揮官の回答は――

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

ほぼ丸6試合ゴールなしの状況でも…

ベンチスタートが続いている久保について、ボルダラス監督(右)が言及した。(C)Getty Images

画像を見る

 今冬に出場機会を求めてビジャレアルからヘタフェへ籍を移した久保建英が、再び苦境に陥っている。

 エルチェ戦で途中出場から2点に絡む鮮烈なデビューを飾り、その後は4試合連続で先発したものの、徐々に存在感が希薄に。保有元であるレアル・マドリー戦でついにスタメンを外れると、3試合連続でベンチスタートとなっている。

 バルセロナからレンタルしたカルレス・アレニャとともに、「攻撃に違いを作れる選手」として獲得を熱望した久保を、ホセ・ボルダラス監督がわずか1か月で“冷遇”し始めたのは、ここ6試合で1分け5敗と絶不調に陥っているチーム状況に要因がある。

 得点力不足を補うために、久保とアレニャを2列目に置く4-2-3-1にトライしたものの、アスレティック・ビルバオ(1-5)とセビージャ(0-3)に大敗を喫したため、ふたりのニューカマーを外して従来のソリッドな4-4-2に戻したのだ。

 一方で、その間6試合で奪った得点は、久保の見事なパスカットから開始18秒で奪ったビルバオ戦の1ゴールのみ。そこからほぼ丸6試合、ネットを揺らしていないため、なぜクオリティの高い久保やアレニャを先発起用しないのか、という声は現地でも少なくない。

【動画】絶妙のタッチに注目! ヘタフェが最後に奪った“開始18秒弾”を演出した久保
 
 27日に開催されるホームでのバレンシア戦(ラ・リーガ第25節)の前日会見でも、「なぜアレニャや久保をスタメンで使わないのか」と問われた指揮官は、次のように答えた。スペイン紙『AS』などが報じている。

「ふたりは新戦力で、最初はスタメンで使った。我々には十分なスカッドがいて、彼らはチームを助けるために、ここに来た。対戦相手に応じて、彼らを使ったり、他の選手を起用したりしているが、彼らに満足しており、これからも我々を助けてくれるだろう」

 そう信頼を口にしたが、果たしてバレンシア戦の先発はどうなるか。このまま守備的なスタイルを続けるのか、アレニャや久保をスターターに戻して攻撃力を高めるのか。指揮官の決断に注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】現地メディアが称賛!スペイン代表FWを翻弄した久保建英の超絶テクニックはこちら(2分~)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ