林大地のPK弾を守り切った鳥栖が白星スタート!湘南は最後までゴールを奪えず…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

長いVAR検証の末、PKに

PKで先制点を奪った林。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは2月27日、各地で第1節を開催。Shonan BMWスタジアム平塚改め、レモンガススタジアム平塚では、湘南ベルマーレとサガン鳥栖が対戦した。

 昨季最下位に沈み巻き返しを期す湘南は、中村駿、田中聡、高橋諒の新戦力3人を先発起用。2トップには石原直樹と大橋祐紀が入った。対して、13位で上位進出を窺う鳥栖はファン・ソッコや仙頭啓矢ら新加入選手5人をピッチに送り込み、昨季とは大きく異なる顔ぶれとなった。

 最初にビッグチャンスを迎えたのはホームの湘南。4分、左サイドでボールを持った大橋がカットインから強烈なシュートを放つも、クロスバーに嫌われる。

 16分には鳥栖がチャンスを迎える。仙頭からのクロスに酒井宣福がダイレクトボレーで合わせるが枠を捉えることはできない。さらに42分にも林大地の落としから樋口雄太が強烈なシュートも、ゴール右に外れてしまう。前半はスコアレスで終える。
 
 後半に入ってもゲームは五分五分の展開。互いに激しく身体をぶつけ合い、気持ちの入った攻防が続く。

 63分、鳥栖が両チーム通じて最初の選手交代。山下敬大に代え、20歳の石井快征を送り込み状況の打開にかかる。するとこの辺りから徐々に押し込む場面が増え始め、74分には飯野七聖がペナルティエリア内で相手と接触。長いVAR検証の末、PK判定となる。

 そして79分、キッカーを務めた林がこれをきっちり決め、待望の先制点を奪った。
 
 追いつきたい湘南は86分に絶好機。スルーパスに反応した根本凌がペナルティエリア内から右足でシュートを放つも、惜しくもゴール右に外れてしまう。

 結局、試合はこのまま終了。1-0で鳥栖が開幕戦を白星で飾った。湘南は最後までゴールが遠く、1点に泣く結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ