「ラメラより下? 理解できない」ソン・フンミンへの“過小評価”に韓国メディアの不満が爆発!モウリーニョの采配も疑問視

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月22日

前半のみで交代したチームメイトと比較し…

ここまでプレミアリーグでは全24試合に先発しているソン・フンミン。ウェストハム戦でも奮闘を見せたが…。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月21日に開催されたプレミアリーグの第25節で、トッテナムは好調のウェストハムと敵地で対戦。1-2で敗れ、ここ5試合で4敗目を喫した。

 開始5分にミカエル・アントニオにいきなり先制弾を浴びたスパーズは、後半立ち上がりの47分にも敵のパスワークに翻弄されて失点。64分にガレス・ベイルのCKにルーカスがヘッドで合わせて1点を返したものの、反撃もここまでだった。

 この試合におけるトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンに対する評価に納得がいかなかったのが、母国メディアだ。韓国のサッカーサイト『Inter Football』は、「ソン・フンミンが6点でラメラが7点? 理解できない」と見出しを打った記事で、自国のエースが、前半のみで交代した同僚のアルゼンチン代表MFよりも低い採点だったことへの不満を露わにした。

 記事は、英国メディア『Football London』がソン・フンミンに6点、ラメラに7点、英紙『Evening Standard』が前者に5点、後者に6点をつけたと紹介。そのうえで、ラメラのパフォーマンスを次のように綴った。

「右ウイングで出場したラメラは前半13分に、中央から単独ドリブルに成功した後、ケインにパスを出してチャンスを作ったシーンを除けば、これといったプレーはなかった。タックルで警告を受け、前半終了後にベイルと交代させられた」

【動画】FIFA年間最優秀ゴールに選出!ソン・フンミンが決めた衝撃の「70メートル独走弾」はこちら
 一方、韓国が誇るスターについては、「フル出場し、継続して質の高いクロスを供給した。試合終了直前には運がなかったが、ゴールを襲った」と評価。「モウリーニョ監督がアリを投入してから、ソン・フンミンをウイングバックのように起用したため、自ら得点を狙うのは難しくなった」と続け、指揮の起用法にも疑問を呈している。

 無双状態だった今シーズン前半に比べるとややプレゼンスが希薄になっているとはいえ、不調のチームのなかでフル稼働し、奮闘しているソン・フンミン。厳しい評価だったのは、それだけ「期待値」が高くなっているからと言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「もうトッテナムには値しない」韓国代表ソン・フンミンのユベントス“113億円”移籍報道に衝撃!「こんな愚かなことはない」
「韓国人を見下していたからだ」元大宮イ・チョンスが02年W杯で伊代表主将に食らわした“蹴り”は故意だった! 衝撃発言に中国から非難「恥知らずの悪党」
「日本の2人のスターが巨人を打ち破る」南野&鎌田の衝撃弾に中国メディアも脱帽!自国エースとの“格差”には嘆き「ほろ苦い」
「日本人とは違うんだ」中国代表のエースを“冷遇”するエスパニョールに母国ファンの怒りが爆発!「お願いだから手放してくれ」
「ミナミノのお気に入りだ」南野拓実とK-POPアイドルの“関係”に韓国メディアが注目!「親韓派だけに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ